トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FX 用語集

このFX用語集はFX市場、株式市場、コモディティ、インデックスの理解に役立ちます

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V

A
Account - アカウント(明細書)
すべてのトランザクションの記録

Account Balance - 口座残高 リスクフリー口座 口座に残っている金額

Appreciation - 通貨価値上昇
市場の動きによる通貨価値の上昇のこと

Arbitrage - 裁定取引
価格変動において、同一の性格を持つ2つの商品の間で、割安な方を買い、割高な方を売ることにより、理論上リスクなしに収益を確定させる取引のことをいう。

Ask / Offer - 売り呼び値(オファープライス / オファー)
証券あるいは資産を売却したい人が、これなら売ってもかまわないという値段。株式市場で売り呼び値といえば、その時間帯に売り手が応じるいちばん安い値段のこと。なお、売り呼び値と買い呼び値の差を「スプレッド」という。

Aussie
オーストラリアドル
B
Back Office - バックオフィス
事務管理部門。資金の入金及び出金などを処理する部門。取引決済に関する過程などに携わる。(例:確認書類や取引決済、記録管理)

Balance of Payments - 国際収支
一定期間に生じた海外との取引との収支合計のこと。モノやサービスの取引の流れを表す「経常収支」と外国への投資・外国からの借入による資産と負債の変化を表す「資本収支」に分けられる。 長期的な国際収支の赤字は資本移転の制限、または通貨価値の下落をもらしうる。

Balance of Trade - 貿易収支
海外と貿易を行った結果の収支。輸出額-輸入額で計算されます。輸出額が上回れば、貿易黒字となり、輸入額が上回れば貿易赤字になります。

Bar Chart - バーチャート
バーチャートとは、相場のテクニカル分析において使用されるグラフの一つで、相場の日々の値動きの、高値、安値、引値、始値を示し、価格の推移を表すグラフを指します。横軸に時間、(右方向が最新)、縦軸に株価をとり、縦のバーは上が高値、下が安値で、日々のレートのレンジを示し、水平の左側の突起が始値、右側の突起は終値を示しています。グラフの書き方はたくさんありますが、最も単純なチャートは単なる折れ線グラフである止め足で、日本で最もよく使われるチャートとしてはローソク足があります。

Base Currency - 基準通貨
一般的には投資者もしくは発行者が自分の口座で扱う通貨のこと。外為市場においては通常は 米国ドルが「基準」通貨とされ、「1ドルが他の通貨ではいくら」という単位で表現される。 このルールの例外(逆の表記になる)としては英国ポンド、ユーロ、オーストラリアドル等がある。

Basis Point - ベーシスポイント
1%の100分の1。

Bear - 弱気相場
弱気相場とは、株価がどんどん下がっていく様子をいいます。 下降トレンドのことです。
 
Bear Market - 弱気市場
長期間価格の低下が続いている悲観的な市場 。

BID - 買い呼び値(ビッドプライス / ビッド)
証券あるいは資産を購入したい人が、これなら買ってもかまわないという値段。株式市場で買い呼び値といえば、その時間帯に買い手が応じるいちばん高い値段のこと。なお、売り呼び値と買い呼び値の差を「スプレッド」という。

Big Figure - ビッグフィギュア
ビッグ・フィギュアとは、為替ディーラーやブローカーが使う言葉で、為替レートの大台のことをいいます。米ドル円レートが107.30/107.35の場合は、107がビッグフィギュアとなり30/35と表示されて、ビッグフィギュアの107が省略されます。

Bonds
ボンドとは、債券のことです。債務者または義務者(保証委託者)より保証の委託を受け(保証委託契約の締結)、債権者または権利者に対して、保証証券(ボンド)を発行・交付する(保証契約の締結)ことにより、保証委託者の各種の契約上の債務、または法令に基づく義務を確実に履行することを、債権者または権利者に対し保証します。短期的な視点では、債券価格の下落がその国の通貨の上昇につながります。債券価格の下落は、言い換えると利回りの上昇ですから、「=金利の上昇」となるわけです。

Bretton Woods Agreement of 1944 - ブレトンウッズ協定   1944年
ブレトン・ウッズ協定は国際通貨体制を確立することを目的として制定されました。金価格に裏付けされた米ドルを基軸通貨として、各国は自国通貨の為替平価、つまり金の一定量と同価値を持つ米ドルに対する交換比率を固定化することで、為替リスクを排除しようとする内容。日本は1952年にIMFに加盟、1米ドル=360円だった基準外国為替相場を為替平価として登録しています。この協定に基づいた国際通貨体制は、1971年のニクソンショックよって崩壊するまで、戦後の世界貿易に多大な貢献をし、固定相場の土台となりました。

Broker - ブローカー
コミッションまたはスプレッドを得て通貨、または関連商品の売買注文を執行する代理人のこと。

Buba
ドイツ連邦銀行
Bull - ブル(強気)
市場の値が上がると信じている投資家達のこと。

Bull Market - ブル市場
相場が上がると予想して買いが進み、それによって相場が上昇気味になっている市場。
キャッシュバック実施中DynamicTrade
C
Cable - ケーブル
ケーブルとは、イギリスポンドのことで、イギリスの通貨、ポンドのことです。スターリング・STG等とも言います。

Candlestick Chart - ろうそく足チャート
株価や為替取引の動きをグラフであらわしたチャートの中で、もっとも代表的なものです。ローソクのロウの部分は始値と終値を表しています。ロウの部分が白いときは終値が始値に比べて高い場合であり、ロウの部分が黒いときは終値が始値に比べて低い場合であることがわかります。また、上下のヒゲのような芯は高値と安値を表しています。

Capital Markets - 資本市場
1年以上の長期の金融取引が行われる市場のこと。「長期金融市場」や「資本市場」ともいう。(これらの取引可能な金融商品は“マネーマーケット”すなわち国債や、ユーロ債より国際的に取引されています。

Central Bank - 中央銀行
国の金融政策を管理し、通貨の発行を行う政府、または準政府機関。(例えば連邦準備銀行は米国の中央銀行。その他、ヨーロッパ中央銀行、イングランド銀行、日本銀行などがある。)

Chartist - チャーティスト
株価チャート分析の専門家のこと。過去のデータのグラフやチャートを研究して特定の投資対象金融商品の傾向を予測します。テクニカルトレーダーとも呼ばれます。

Clearing - 清算
従来構築していたポジションを相殺あるいは手仕舞いするあらゆる取引のこと。

Closed Position - クローズドポジション
損益を発生させる効果がある既存ポジションと方向と規模が正反対な取引をいい、外国為替のエクスポージャーが存在しないこと。(ポジションを閉じるには、既存ポジションを相殺するための同等の通貨量を売り、買いする。これをスクエアポジションといいます。

Commission - コミッション
顧客のために行った取引に対してブローカーが徴求する手数料。

Confirmation - 確認書 
取引に関する重要事項を記載した電子メールまたは書面による通知。

Contract - コントラクト
取引の標準単位

Counter Party - カウンターパーティー
「取引相手」のことで、デリバティブ取引や外国為替取引などの相手方の金融機関のことをいう。

Cross Rate - クロスレート
2つの通貨の換算率。クロスレートとは、インターバンク市場において通常米ドルベースで計算される。為替レートをドルを介さない為替レートに換算するための方法。例えばGBP/CHFは英国やスイスでは取引の主要通貨ペアの一つであるのに対して、米国でGBP/CHFなどはクロスレートとみなされる。

Currency - 通貨
政府や中央銀行が発行し、法廷通貨及び貿易の基盤となる任意のお金 。

Currency Pair - 通貨ペア
外国為替レートを構成する2つの通貨(例:EUR/USD)

Currency Risk - 為替変動リスク
為替相場が変動することにより損失が発生する危険性。
D
Day Trading - デイトレード
1日のうちに株の購入→売却を完結させてしまう、超短期の株式売買の方法のこと。

Dealer - ディーラー
外国通貨の売買に当り代理人ではなく取引の当事者として行為する個人または法人。ディーラーは自己の名義とリスクに基づいて売買する 。

Deficit - 損失
取引や支払いのマイナス残高。

Delivery - デリバリー
FX取引で立てたポジションを、差金決済をせず預け入れた証拠金を外貨、または日本円で受け取れる方法。

Deposit - 預金
現金の借入及び融資。円や外貨の預金商品に対して、預金者が受け取れる対価(金利)のことを預金金利といいます。定期預金証書(CD`S) はトレード可能な証券です。

Depreciation - 価格下落
市場の動きによる通貨価値の下落または低下。

Derivative - デリバティブ
金融派生商品を用いた取引のこと。株式、金利、為替などの金融商品を用いてする、先渡取引や先物取引、オプション取引、スワップ取引など、金融商品自体を取引するのではなくその売買権利や交換権を取引することから、”派生”という意味の英単語(Derivative)でこう呼ばれる。

Devaluation - 通貨引き下げ
国の通貨の交換比率を対外的に引き下げること。
キャッシュバック実施中DynamicTrade
E
ECB - European Central Bank - ヨーロッパ中央銀行
欧州通貨統合のための中央銀行。

Economic Indicator - 経済指標
政府及び非政府機関より発行されるもので、物価・景気・金利・貿易などの経済状況を構成する要因を数値化したもの。現在の経済状況や過去からの変化を把握できる。(例:国内総生産(GDP)雇用率、貿易赤字、工業生産高、及び企業在庫など。)

EMU - European Monetary Union - 欧州通貨連合
欧州通貨連合の主な目標は、2002年に欧州連合に加盟しているEU諸国の国の通貨を正式に置き換えて、ユーロと呼ばれる欧州通貨統合を確立することでした。1999年の1月1日には、ユーロは現実の通貨となり、単一通貨政策が欧州中央銀行の下で導入されました。ユーロは現在、銀行の通貨として存在し、また金融取引や外国為替はユーロで行われるようになりました。3年の移行期間を得て、ユーロ紙幣と硬貨の流通は安定しました。.2002年7月1日には、ユーロはEMU参加者の唯一の法定通貨となり、これにより、各国通貨は消滅したことになりました。現在のEMU参加国は、ドイツ、フランス、ベルギー、ルクセンブルグ、オーストリア、フィンランド、アイルランド、オランダ、イタリア、ギリシャ、スペイン、ポルトガル、スロベニア、キプロス、マルタ、スロヴァキア、エストニアとなっています。

End of Day (Mark-to-Market) – エンドオブデイ(マークトゥマーケット)
トレーダーは2つの方法でポジションの支出報告をしています。発生主義型と時価評価型(マークトゥマーケット)です。費用・収益の認識を現金収支という事実にとらわれることなく、合理的な期間帰属を通じて期間業績を反映させる損益計算の方式です。時価評価型(マークトゥマーケット)は持っている資産を、それぞれの日の実際の市場レート(Market Rate)で計算して現在価値に引きなおすことです。利益損失はその場で計上されてトレーダーは次の日に正味資産から取引を始めます。

Euro - ユーロ
欧州連合唯一の通貨(EUR)

Execution Date - 取引日
取引が合意された日
F
Fed - Federal Reserve - フェッド - フェデラルリザーブ
合衆国連邦準備銀行

Fixed Exchange Rate (Representative Rate) - 固定為替相場(代表相場)
金融当局が定める公式のレート。しばしば固定レートは一定範囲内の変動を許容する。

Flat (Square, Balanced) - スクエア
顧客の買いと売りが均衡しオープンポジションが存在しない状態

FOMC - Federal Open Market Committee - 連邦公開市場委員会
アメリカの中央銀行である米連邦準備制度理事会(FRB)が年8回、定期的に開く米金融政策の最高意思決定会合のこと。FOMC はFederal Open Market Committeeの略。

Forex - Foreign Exchange - 外国為替
自国通貨と外国通貨あるいは異国間の通過を交換すること。

Forward - フォワード
定められた期限までに特定の金融商品の売買を一定の価格で行うことを約束する取引。先渡取引。

Forward Points - フォワードポイント (スワップポイント)
通貨ペアの第1通貨(取引対象通貨)と第2通貨(取引相対通貨)間の金利差が反映される先物レートを算出する為に直物レートに加味するポイント。スワップ・ポイントとも表される。

FRA - Forward Rate Agreements - 金利先渡契約
当初契約した金利が一定期間後に上昇または低下した場合、契約金利との差額を当事者相互で受払する取引。

Front and Back Office - フロント・バックオフィス
フロントオフィスとはトレーディングルームや顧客窓口部門などの業務部署。

Fundamental Analysis - ファンダメンタル分析
その国や地域の経済状況などから為替変動を予測する手法のこと。

Futures Contract - 先物取引
先物取引とは、将来の定められた期日(清算日)に、特定の標準化商品(穀物などの農産物・石油などの鉱物のうち標準的な指標となる特定銘柄)あるいは経済指標(為替レートや日経平均株価 = 日経225など)を、「定められた数量」、「定められた価格」で、「売り」「買い」を保証する取引の一種で、先物取引(futures)は、先渡し契約(forward)とは異なり、取引の対象とする原資産の価額(単価 × 数量)の一定%を担保(証拠金:価格変動による追証ないし強制決済あり)として支払うことで、一定範囲の価格変動リスクを保険(リスクヘッジ)しながら結ぶ契約であることに特徴がある。
G
G5
5大産業国:米国・ドイツ・日本・フランス・イギリス

G7
7大先進工業国:米国・ドイツ・日本・フランス・イギリス・カナダ・イタリア

GDP - Gross Domestic Product - 国内総生産 リスクフリー口座
一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。

GNP - Gross National Product - 国内総生産
一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。

GTC - Good-Till-Cancelled - GTCオーダー
指定した値段での売買注文で、約定されるか注文を出した人が取り消すまで有効な注文。
H
Hedge - ヘッジ
外国為替の取引で、買い方の値下がり損や売り方の値上がり損を防ぐため、逆の空売り・空買いをする保険的な操作。

High / Low - 高値 / 安値
安値とは、株取引の際に付いた最も低い値段(株価)で、高値とは、株取引の際に付いた最も高い値段(株価)です。
I
IMF - International Monetary Fund - 国際通貨基金
国連の機関。184の加盟国の拠出資金により、通貨に関する国際協力を促進し、外国為替相場の安定を図ることを目的に1946年に設立された国際機関。基金の引出権は特別引出権(SDR=special drawing rights)と呼ばれる。

Inflation - インフレーション
好況で経済やサービスに対する需要が増加し、経済全体で見た需要と供給のバランス(均衡)が崩れ、総需要が総供給を上回った場合に、物価の上昇によって調整されることで発生する。物価の上昇は貨幣価値の低下を同時に意味する。

Initial Margin - 当初証拠金
新たにポジションをオープンする際に必要な最低マージン残高。

Interbank Rates - インターバンクレート
銀行間で形成される相場のこと。

Intervention - 市場介入
通貨価値に影響を与える目的で行う中央銀行の売買行為である。協調介入とは為替レートに影響を及ぼすために多数の中央銀行が行う行為を言う。

IRS - Interest Rate Swaps - スワップ金利
異なる2種類の通貨を売買することによって生じる金利差のこと 。
キャッシュバック実施中DynamicTrade
J
K
Kiwi
NZD(ニュージーランドドル)ニュージーランドの通貨。
L
Leading Indicators - 景気の先行指標
景気の変動に先だって動く傾向のある指標。株価指数など(失業率、消費者物価指数、生産者物価指数、小売売上高、個人所得、最優遇貸出金利、割引率、フェデラルファンドレート)

Leverage - レバレッジ
“てこの原理”。小額の資本を利用して大きな額の想定ポジションを運用すること。

Libor - London InterBank Offered Rate - ロンドン銀行間出し手金利
ユーロ市場における、ロンドン銀行間出し手レートです。国際金融取引の指標として利用されています。ロンドン市場で、資金を貸し出す側が提示するレートで、金融機関が資金調達をするときの基準金利です。

Limit Order - 指値注文
指値注文とは売りたい価格、及び買いたい価格を指定して取引する方法。

Liquidation - 清算
従来構築していたポジションを相殺あるいは手仕舞いするあらゆる取引。

Liquidity - 流動性
売買対象となる量が充分に存在する市場状況。

Long - ロング
ロングとは買い付けること。

Long Position - ロングポジション
買いポジションを持つこと。外貨を買って保有している状態のことを指す。買い待ちにすることをロングにする、という。

Loonie
CAD(カナダドル)

Lot - ロット
ロットとは、FXで通貨を売買する際における最小取引単位の呼称です。
M
Margin - マージン
取引を行う為の証拠金(保証金)のこと。

Market Maker - マーケットメーカー
相場においてAsk(売値)とBid(買値)を提示していつでも取引に応じる個別(または複数)の金融機関のことを指します。

Market Order - 成行注文
レートを指定せずに、現在のレートで売買の注文を出す方法。為替レートの変動を見ながらすぐに取引でき、確実に取引が約定するFX取引においてオーソドックスな注文方法です。

Money Markets - マネーマーケット
短期金融市場。銀行や他の金融機関により期間1年未満の金融取引が行われる市場。例えば預金、譲渡性預金証書、買戻し契約、オーバーナイトインデックススワップ、及びコマーシャルペーパーが含まれます。短期投資は安全性の高い流動市場です。

Money Supply - マネーサプライ
マネーサプライとは、日本銀行を含む金融機関全体から経済全体に対して供給される通貨の量がどのくらいなのかを見るための指標です。 すなわち、基本的には「一般法人、個人及び地方公共団体」(通貨保有主体)が保有する通貨量の残高であり、国や金融機関が保有する預金等は対象にはなっていません。 但し、信託、保険会社等は除かれる一方で、証券会社、証券金融会社、短資会社などは一般法人として通貨保有主体に含まれます。

MPC - Monetary Policy Committee - 金融政策委員会
イングランド銀行に設置されている委員会。イギリスの政策金利などを決定するための会合が毎月開かれる。
キャッシュバック実施中DynamicTrade
N
O
OCO - One Cancels the Other - ワン・キャンセル・ジ・アザー
OCO注文。一度に二つの注文を出して、高いレートになったら売り注文、安いレートになったら買い注文が約定されるという注文方法です。

Open order - オープンオーダー
売買注文のうち執行されていない注文のこと。

Open Position - オープンポジション
オープンポジションとは、保有するポジションのことで、未決済の持ち高のことをいいます。

Options - オプション
オプションとはデリバティブ取引の一種で、ある原資産についてあらかじめ決められた将来の一定の日、期間において、一定のレート・価格で取引する「権利」を売買する取引のことをいいます。原資産を買う権利を「コールオプション」、売る権利を「プットオプション」といいます。

Order - オーダー
オーダーとはお客様からブローカーにでるトレードの指示のことです。注文は特定の価格、あるいは市場価格で出すことが出来ます。

Overnight Position - オーバーナイトポジション
翌日以降に持ち越されたポジション(外国為替の持ち高)
P
Points, Pips - ピップ
Pip(ピップ)とは、取引レ-トの最小単位のこと。Pips(ピップス)はその複数形。 「ポイント」と同義。(コンテキストにもよるが、通常の1ポイントはEUR/USDの場合0.0001、USD/CHFの場合0.1となる)

Position - ポジション
ポジションとは、外貨の保有高のことをいいます。例えば、米ドルを購入した場合、「買いポジション」を持っているといい、逆に米ドルを売りで保有している状態を「売りポジション」を持っているといいます。

Premium - プレミアム
プレミアムとは、オプションの価格のことをいいます。権利売買をするオプション取引において、その「権利」に対し付けられる「価格」のことを言います。

Profit / Loss (P&L) - プロフィット / ロス
手仕舞いをしたポジションから発生した損益(実現損益)及び現時点の為替レートに基づいたリアルタイムの損益(未実現損益)を示すもの。
Q
Quote - クォート
クォートとは、為替レート(建値)を提示することをいいます。
R
Rally - ラリー
ラリーとは、株式市場や外国為替市場などの相場の値動きの様子を指す言葉で、小さな上げ下げを伴ないながら、徐々に上昇していく値動きの様子をいいますが、上昇トレンドのようにはっきりとした動きではありません。

Range - レンジ
レンジとは、範囲や領域、射程距離を意味する言葉です。外国為替証拠金取引や株式取引などにおいて、ある一定の範囲内で上下を繰り返す相場のことをレンジ相場といいます。

Rate - レート
価値の違う通貨の交換比率のことをレートといいます。

Repo - Re-purchase - レポ取引
レポ取引とは、債券の貸借取引のことです。当事者の一方が他方に債券を貸出し、見返りに担保金を受入れ、一定期間経過後にこの債券の返還を受けて、担保金を返却する取引をいいます。

Resistance - レジスタンス
レジスタンスとは、相場がその水準を維持し、それ以上、上がりにくいと思われるポイントのことをいいます。

Risk Management - リスクマネージメント
リスクマネジメントとは、あらかじめ予期していたリスクが現実のものとなっても影響を最小限に抑えるための対策を行うことをいいます。

Roll-Over - ロールオーバー
ロールオーバーとは、ポジションの翌日持ち越しのことを言い、未決済のポジションは日々ロールオーバーされます。
S
Settlement - 決済
持っているポジションの損益を確定すること。

Short - ショート
ショートとは、ある通貨を売り持ちにしている状態をいいます。たとえば、ドル / 円で「ドルショート」という場合は、ドル売り・円買いを行なっていることを意味します

Short Position - ショートポジション
ショートポジションとは、売りから入っている状態(売建ての玉が残っている状態)のこと。 対象証券の値下がりで利益を得ることができるポジションのこと。

Spot - スポット
スポットあるいはスポット日は取引の売買日から2営業日後のスポット取引バリュー日を言う。祝祭日、週末または当該通貨ペアが代表する国が銀行休業日であるときは、スポット日は銀行が開く次のバリュー日に繰延べ調整される。

Spot Price - スポット価格
スポット市場で通貨ペアが目下売買されている価格。 リスクフリー口座

Spread - スプレッド
スプレッドとは、買値(Ask)と売値(Bid)の価格差をいいます。

Stop Loss Order - ストップロスオーダー
ストップロスオーダーとは、あらかじめ損失を限定するために出される逆指値注文のことをいいます。要するに損切り注文のことです。

Support Levels - サポートレベル
サポートレベルとは、チャート分析などのテクニカル分析において、過去にその水準で為替レートが下げ止まった何点かの地点「下値」・「底値」を結んだ線をサポートラインといいます。価格支持線ともいいます。

Swap - スワップ
スワップとは“交換する”という意味です。FXでは取引通貨間の金利差を受け取る(支払う)ことをスワップといいます。
T
Technical Analysis - テクニカル分析
テクニカル分析とは、テクニカル指標を用いて、チャートを分析し、相場の値動きから将来の値動きを予測する分析技法のことをいいます。

Tick - ティック
上下への価格変動の最低単位。

Tomorrow Next (Tom / Next)
引渡しが翌日の通貨の買いとスポット日での売り(またはその逆)を同時に行うこと。

Two Way Price - 両建て値
外国通貨の売りと買いの気配値を提示すること。
U
US Prime Rate - USプライムレート
米国の主要銀行による優遇貸し出し金利。
V
Value Date - バリューデート
バリューデートとは、取引した通貨を交換する「受渡し決済日」のことをいいます。

Volatility - ボラティリティ
ボラティリティとは、ある銘柄についての価格変動率のことをいいます。「ボラティリティが大きい」といえば、値動きの乱高下が激しくなっている様子を示しています。

Volume - ボリューム
ボリュームとは、為替取引で生じた出来高、もしくは売買高のことをいいます。
キャッシュバック実施中DynamicTrade
関連記事

FXマーケットの歴史
1971年に先立ち、ブレトンウッズ協定により、通貨市場の投機が抑えられました。ブレトンウッズ協定は世界経済を安定化させ、為替の自由流出を防ぐ目的で、1945年に締結されました。

よくあるご質問 【 FAQ 】
お困りの場合にはFAQをご参照下さい。それでも問題が解決しない場合にはこちら-サポートまでご連絡ください

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント