トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ビットコイン取引について

一般的通貨ペアのほかにも、最近ビットコイントレーディングが流行っています。しかしビットコインって一体なんでしょう?

ビットコインマーケットはまだまだ新しいマーケットです

新しいマーケットっていうのはまだまだ出来たばっかりのマーケットで、リクイディティがまだまだ低いってことです。ただし、低いリクイディティって一体どんな風にトレーダーたちに影響与えますでしょうか?まず、ビットコインのような低いリクイディティのマーケットにはスプレッドが高いです。つまり、買いと売りの値段の違いのことです。FX通貨の場合、ピップスで表すですが、ビットコイン/アメリカンドルのペアの場合、ドルで表しています。言い換えれば、取引の手数料が高くなるってことです。

そのほかにも、ビットコインのマーケットにはリクイディティが低いため、ブレークアウットやギャップ生じやすいです。ですので、ドル/円やユーロ/ドルのような安定している通貨よりも、ポンド/円やユーロ/円などの通貨に近いとも言えるでしょう。短期やスイングトレーダーたちにとってすごくアドバンテージだと思います。もちろんデイトレーダーの場合もギャップとかのフォーメーションなどをうまく使えばいいレシスタンスやサポートレベルをもらえます。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

ビットコインの「サイクル」は一般的なFXマーケットより短いです

一般的に言えば、一つのマーケットがブームからどん底まで行くにはやく10年ぐらいの時間がかかります。例えば、2000年のインターネットバブルから2009年のバブルの天井までおよそ9.5年かかりました。そして2009年から2014年現在マーケットが完全に回復するまで(底から新しい高値まで)やく5年間かかりました。

しかしビットコインのようなマーケットには中央銀行や政府機構によってコントロールされていないため、それなりにそのサイクルが短くなります。すこし複雑なのでその仕組みについて詳しく説明したいと思います。

例えば、2009年の経済破綻以来各国の中央銀行はQEという方針でマーケットを救えようとしていました。つまり札を大量に印刷し、経済を刺激しようとしていました。そのため、政府機構や中央銀行は自分の国の国債を大量に買い込みました。その支払いとして新しい札を印刷し、マーケットへ流しました。言い換えれば人工的に円安やドル安の状態にさせるってことです。しかし、中央銀行や政府機構の介入がなければ、こういった緩和もないってことです。先ほど言ったようにビットコインマーケットには一つのサイクルはおよそ3年間です。一般なマーケット(10年間で一つのサイクル)かなり短いだと思います。これらの情報も考慮してから、トレードする方がいいでしょう。

ビットコイントレーディングにはメリットやデメリットもあります

メリットとしてギャップやブレークアウットしやすいし、中央銀行の介入もないため、一般的な通貨マーケットよりいいトレードが見つかります。その反対に、リクイディティが低いため、たまたまに高い手数料(スプレッド)取られたり、欲しいポシション買えなかったりなどのこともあります。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

通貨トレードにおけるビットコイン(Bitcoin)の使い方と使う場面
世間を騒がせたビットコインですが、通貨トレーダーに新天地を切り開いたものでもあります。

「ビットコイン」はFXの仮想通貨?
消費者にとって未だにハイリスクの実験的通貨、ビットコイン(Bitcoin)をめぐって論議が繰り広げられています。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント