トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

中国人民币FX取引について

中国が世界の経済勢力として発展しているとともに、中国の人民币を取引したいFXトレーダーも多くなってきました。しかしまだまだ新しい通貨なので、注意すべきなところもたくさんあります。

ほとんどのFX業者に人民币の市場アクセスできません

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

まだまだ「実験」段階なので、そう簡単にそのマーケットに参加することができません。

ついてこのまえまで中国政府は人民币の管理についてかなり厳しくしましたが、やっとこの二三年間アメリカ政府からのプレッシャーを受け、少しつつ人民币の市場を開放しようとしています。昔には、経済状況や輸出入などの面に競争力維持するため、中国政府はずっと人民币のバリューエションを抑えました。基本として、アメリカドルに「ペッグ」してあります。つまり、アメリカドルが安くなれば、人民币も安くなりますが、アメリカドルが高くなれば、人民币も高くなります。そのおかげで、中国から輸出されたものは他の国より安くできます。

最近中国政府はアジアやASEANなどの国に「実験」として、人民币の取引許しました。それは他のマーケットにいくつかの影響を与えると思います。まず、人民币のリクイディティが確実高くなります。そして、政府機構からのコントロールは弱くなります。人民币もその真のバリューエションを映せると思います。言い換えれば人民币が高くなります。そして、中国からのものも高くなります。中国人として、購買力が高くなるのはいいですが、国の経済を支えてきた輸出業に発展止まれば困ります。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

FXスポットマーケットから取引するより、デリバティブで取引した方がいいでしょう

スポットマーケットで取引するというのは直接その通貨を売買する事です。国内の一般的なFX業者にはスポットで取引行うものが多いと思います。しかし人民币はまだまだリクイディティ低いです。つまり、ギャップなどのフォーメーション生じやすいです。長期投資家にとっては少しリスク高い通貨だと思います。そしてデイトレーダーにとっては少しボリューム数低いためなかなかマーケットが動かない問題点もあります。その他にもスプレッド(手数料)が高くなる上、欲しい量の人民币なかなか買えないでしょう。

ですので、直接アメリカドルで人民币を買うよりも、デリバティブ市場から取引した方がいいとお思います。デリバティブというのはオプションやCFDやバイナリーオプションなどの金融商品のことです。デリバティブを経由し取引すれば、リクイディティの問題心配いりません。なぜなら、オプションなどのポシションはカバーする必要があります。一定な期間経てば自動的にキャッシュインできます。もちろん、デリバティブなので、リスク制限もあります。たとえマーケットにリミットダウンなどの事が起きてもデリバティブ契約の持ち主にあんまり大きな被害起きません。

海外の一部の業者から人民币のデリバティブ取引できますが、その際まずデモ口座で試してかた本番に移すことがいいでしょう。覚えてほしいのは人民币がまだまだ新しい市場なので、今まで取引してきたマーケットとずいぶん違うと思います。

関連記事

デイトレードのFX戦略
エントリー戦略やスカルピングを含む、使えそうなデイトレード手法がいくつかあります。

ヨーロッパのFX取引
ヨーロッパのFX取引はロンドン取引が中心になっており、アメリカやアジアの取引セッションと重なるという特有性があります。 

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント