トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

国内のFX取引のレバレッジ取り締まりについて

日本のFX業者は金融商品取引法によって最大25倍のレバレッジしか提供できません。しかし海外の業者だと200や300倍などのレバレッジはかなり普遍しています。ここでトレーダーに対する影響を見てみましょう。

25倍のレバレッジはほとんどのFXトレーダーにとって十分です

確かにスキャルパーや一部のデイトレーダーにとって25倍以上のレバレッジが必要かもしれないが、ほとんどのトレーダーにとって2〜3倍のレバレッジでも十分です。

FX初心者として多分「レバレッジが多ければ多いほどよい」というような概念を新聞や記事などのサイトを見てから、持っていますが、それは違っています。日本にいるほとんどのFXトレーダーはトレーディング以外にも他に本業持っています。つまりトレーディングはメインな収入源ではなく、趣味やサイドな収入源としてやっている人が多いです。ですので、取引しているタイムフレーム、つまりデイトレかスイングか長期投資か、もかなり長いです。言い換えれば長期投資を選ぶ傾向があります。

長期投資する場合、レバレッジは少なめにしておいた方がいいと思います。なぜなら、ポフォーリオのポシションをオーバーナイトマーケットに持ち込みますからです。業者から要求される「マージン」、つまり保証金、もそれなりに多くなります。例えば一つのユーロ/ドルロット(100,000ユーロ)のデイトレマージンはおよそ2,500ドルぐらいで、オーバーナイトだと4,500ドルぐらいになります。なぜならオーバーナイトマーケットにポシション持ち込みする場合、ギャップやニュースなどの影響で大損する可能性も高くなるからです。ほとんどのトレーダーはそこまで多い資金持っているわけではないので、長期投資する場合やはりレバレッジなしでやってやっていく方がいいでしょう。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

FXデイトレする場合、自分のパフォーマンス見てからレバレッジ選びます

FXトレーディングには一つだけの「正解」はありません。人それぞれ違う「取引スタイル」やリスク管理方法などあります。ですので、ここの数字は参考として使ってください。

デイトレって言ってもいくつかの種類のデイトレーダーがあります。シストレ選ぶトレーダーもいるし、手動でトレードする人もいるし、スキャルピングしている人もいます。使うレバレッジの量は自分過去のパフォーマンスと毎日のトレード数次第です。例えば一日あたり1〜3トレードする場合、2〜5倍のレバレッジが十分でしょう。一日5〜15トレードする場合、それなりにリスク減らします。つまりレバレッジを1〜3倍に下げます。なぜなら、連続的にロスする可能性もあるからです。どんなに優れたトレーディングシステムでも確実に連続的にロスする時ありますので、それも考慮しレバレッジ下げた方がいいでしょう。

スキャルピングの場合、一つのトレードあたりのリスクはものすごく小さいので10倍以上のレバレッジ使っているトレーダーが多いでしょう。しかし、最初はやはり2倍や3倍から徐々にやっていくのが一番よいと思います。

結論として、25倍レバレッジがマックスだという法律はほとんどのトレーダーにとってあんまり影響ありません。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

FXトレードにおけるレバレッジの使用
レバレッジはFXトレードには不可欠です。レバレッジによって少ない資金で大きなポジションを動かすことができます。

レバレッジ及びマージン
日本のトップオンラインFXブローカーでFX口座を開設し、400倍のレバレッジを活用して取引をエンジョイしましょう!

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント