トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXトレーディングと証拠金:知っておくべきこと

通貨取引するとき、口座開設や最低資金など以外取引する際証拠金がいります。それは口座から一部の資金を使って保証金にすることです。証拠金の金額は使うレバレッジによって変わります。

FX取引では膨大なレバレッジ使えます。つまり、少ない保証金で取引できます。

日本では最大25倍のレバレッジしかありませんが、海外だと100や200倍などのレバレッジを提供しているFX業者のほうが一般的です。FXトレーダーとしていいとわるい点両方あります。

FXトレードするたび、オーダーボックスのところに必ず証拠金の欄があります。証拠金の金額は使うレバレッジによって変わります。例えばレバレッジ使わず10,000ユーロを140.00のレートで買いました。その証拠金として、1、400,000円は預けられます。レバレッジ10倍使っている場合、証拠金を140,000円だけ預けられます。簡単に言えば、証拠金は次の方法で算出できます:

提示されるレート(140.00円) X 通貨単位(10,000ユーロ)/レバレッジ (10倍)=140,000円の証拠金です。

ほとんどのソフトは自動的に証拠金算出できますが、ポフォーリオの資産分配するときに役に立ちます。もし口座の金額が証拠金以下に下回ったら何起きますか?

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

FXトレーダーとしてマージンコールはゲームオーバーです。

「マージンコール」というのは口座の残高が現在所有のポシションに必要な証拠金に下回ることです。そのため、口座の残高がネガティブになります。通常の場合、口座は凍結され、現在所有のポシションすべてマーケットレートでカバーされます。

個人的に一回だけマージンコールされたことがあります。それはまだまだ初心者だった頃です。最初にFXマーケットに飛び込み、調子乗りすぎてたくさんのレバレッジ使いました。しかもストップロスオーダー一切使いませんでした。その結果一回ゲームオーバーになりました。

FXトレーダーとして、マージンコールはは終わりです。それを防ぐため、日々から資金管理をきちんとしましょう。参考として、デイトレしている場合、レバレッジ最大3倍に抑えます。スイングトレーダーや長期投資家の場合レバレッジ使わない方がいいと思います。なぜなら、ポシションをオーバーナイト市場、つまりニューヨーク時間などに、持ち込む場合、証拠金増える可能性あります。例えばユーロ/ドルの先物のデイトレ証拠金はたったの1,500ドルでしたが、オーバーナイトマーケットに持ち込む場合、4,000ドルかかります。そして、長期投資するとき、途中に経済指標などの発表も必ずあります。その度、マーケットが大きく推移します。投資家として口座に少し「バファー」持った方がいいと思います。デイトレーダーの場合も同じです。口座のすべての資金を証拠金として預けることを避けましょう。最低でも30%以上のキャッシュを持った方がいいです。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

国内のFX取引のレバレッジ取り締まりについて
日本のFX業者は金融商品取引法によって最大25倍のレバレッジしか提供できません。
しかし海外の業者だと200や300倍などのレバレッジはかなり普遍しています。ここでトレーダーに対する影響を見てみましょう。

レバレッジ及びマージン
日本のトップオンラインFXブローカーでFX口座を開設し、400倍のレバレッジを活用して取引をエンジョイしましょう!

FXトレードにおけるレバレッジの使用
レバレッジはFXトレードには不可欠です。レバレッジによって少ない資金で大きなポジションを動かすことができます。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント