トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXマーケットでのスキャルピングについて

確かにスキャルピングすればリスクレベルも下げられます。しかし通貨市場でスキャルピングするだけでいいリターンもらえるでしょうか、ここで見てみましょう。

ほとんどのFXトレーダーはスキャルピングできません

スキャルピングするためにアナリストとしてのスキールよりも「直感」が課されます。つまりこれまでデイトレや長期投資しかしたことがないトレーダーならスキャルピングできません。

トレーディングには「直感」と「アナリシス」二つのメジャーなスキールが必要です。簡単に言えば、取引するタイムフレームが長くなれば長いほど、「直感」がいらなくなります。その代わりに「アナリシス」の能力が課されます。デイトレの場合、どっちかって言うと直感が70%でアナリシスが30%の割合だと思います。

しかしスキャルピングする場合、考える余裕があんまりありません。よくあるのは1秒や2秒間で判断しトレードしなければなりません。そんな短時間でアナリシスできるトレーダー多分いないでしょうね。ですのでスキャルピングするために鋭い直感が必要です。

しかしその直感というスキールは一体どうすれば育成できますでしょうか?

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

FX市場への直感育てるには直接取引所行くのが一番早いです

直感と言ってもちょっと曖昧すぎると思いますので、ここでもう少し詳しく説明します。マーケットというのはたくさんのトレーダーが集まって、皆それぞれの望みで売買するとこるです。スキャルパーとしてその「オーダーフロー」を探知するのは仕事です。オーダーフローというのは「いつ、どの値段で、誰が、どのぐらいの量で取引するか」のことです。それを知るために直接取引上に言って生身の人間が取引している姿と観察する必要があります。

言い換えれば直感というのは人間のセンチメントを探知する能力です。しかし多くのトレーダーは取引所の会員証がないためそういった勉強もできません。

あともう一つ注意すべきするのは、現在パソコンやネットの普及とともにマーケットの「性質」もずいぶん変わりました。多くの取引はもう取引所でなくてネット上で済ませることになりました。つまり以前のようにトレーダーを観察し「オーダーフロー」読むこともできなくなりました。

スキャルピングするため激安のFXスプレッドが必要です

一般的にFXマーケットのスキャルパーたちは一日あたり80〜150トレードを成約します。もし彼たちが一般的なFXアカウント使えばどのぐらいの手数料(スプレッド)かかるんでしょう?150トレードで、一つのトレードに1ピップスで、往復で、つまり一日あたり300ピップスの手数料支払うことになりますね。参考としてユーロ/ドルマーケットでのトレンドは80〜120ピップスです。実際な金額に換算すると、一つのロット(100,000ユーロ)を取引すれば一日の手数料は3,000ユーロになりますね。

結論としてスキャルピングは多くのFXトレーダーに向いていません。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

スキャルピング―短い時間一定方向に動く慣性を利用したトレードで作るスプレッド
スキャルピングとは外国為替、証券、コモディティーなどにおいてポジションを短時間でエントリー・決済することにより利鞘を稼ぐ手法です。

FX詐欺の回避方法
トレーダーを騙すような詐欺FXサイトも残念ながら存在します。FX詐欺に巻き込まれないためのヒントを6つ記載します。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント