トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

海外FX口座で取引

最近国内の業者選ぶよりも海外の業者選ぶFXトレーダーがだんだん多くなってきましたが、ここで海外業者のメリットとデメリットを見てみましょう。

国内のトレーダーにとって海外FX業者選ぶとき言葉の違いは問題になります

海外の業者の多くは海外のトレーダー中心に宣伝していますので、日本語で対応してくれる業者なかなかいないんです。

FX口座開設するときにやはり言葉の違いに気になるトレーダーはやはり日本語での対応できるかどうかチェックします。主流な業者たちには日本人のスタッフもちろんいますが、対応するスピードなどが遅いという問題頻繁に起きます。普段の場合、それは別に大した問題ではないですが、緊急時にの連絡は心配ですね。例えば二年前にニューヨークで停電起きたときにポソコン使えなかったので、電話で直接業者に連絡とってポフォーリオのポシションをカバーするしかないです。その際もし日本語で対応できなかったら結構大変になると思いますね。

ですので、最初に海外業者選ぶときにまずウェブサイトに日本語の説明書いているかどうか、そして実際にメールや電話で問い合わせて見て、サービスセンターのクオリティーをチェックします。

そしてヨーロッパで口座開くときに多くの業者いくつかの身分証明書などの書類をチェックしますが、ヨーロッパの住所以外だとNGの場合が多いです。日本の身分証明書使える業者はまだまだ少ないと思います。一応問い合わせする必要があります。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

海外だと総合的なFX口座が多いです

多分日本のFX業者のサイト行くと多くの業者はFXマーケットへのアクセスしか提供していないが、海外の業者だと総合的な口座提供している会社が多いです。例えばFXと先物とオプションをすべて一つのアカウントから取引できます。

できればトレーダーとして自分のポフォーリオ管理をよりシンプル化したいですね。そのため、単なるFX口座よりも総合型の口座を選びます。その際いくつかの注意点があります。ヨーロッパの業者の間にはCFDやバイナリーオプションなどのデリバティブ取引はすごく流行っていますが、アメリカの業者は法律によってCFDやバイナリーオプションの取引提供できません。理由として、アメリカの取引所は「金融市場のインテグリティ守るため」とあげました。

ですので、アメリカ業者で口座開設するとき、主流なオプションや先物や株などの取引しかできません。一般的に言うと主流な先物やオプション契約はCFDやバイナリーよりも大きいロット持っています。例えば黄金のコメックス先物は一つの契約につき、100,000ドルでしたが、CFDの場合1,000ドルのロットから取引できます。

FX市場にかなりの「関連性」があります。つまり、一つの国に何か事件起きれば他の国の通貨にもインパクト与えます。例えばスペインの国際問題が悪化すればユーロだけでなく、ポンドやアメリカンドルへも影響与えます。そういうわけで、分散投資する場合すべて通貨市場に投資しない方がいいでしょう。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

自分に合うFX口座を選びます
オンライン業者の普遍とともに、FXトレーディング始めるバリアも少なくなりました。
そして、オンライン口座開設もよりスムーズになりました。ここで口座選びのキーポイントを紹介します。

FX取引口座オプションについて
FXトレーダーが利用できる口座には数種類あるので、自分のFX口座を目標に合わせてカスタマイズすることができます。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント