トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

豪ドル円FX市場予想 - 07.08.2014

こういったトレンドレスなマーケットをトレードするとき避けて欲しいのはレンジの真ん中です。FXトレーダーとしてリスクが高い避けるのも仕事です。

いまの豪ドル円FX市場のトレードロケーションは良くないです。

豪ドル円FX市場長期チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

では先に豪ドル円の長期チャートからみてみましょう。

長期チャートみればいまの豪ドル円がトレンドない状態にあるとわかります。一応105.00台のレシスタンスと90.00台のサポートの間に動いています。こういったマーケットをトレードするとき一番危険なのはレンジの真ん中でトレードすることです。トレーディングというには釣りのように、チャンスが来るのじっとして待ちます。チャンスがないとき無理矢理にチャンスを作ろうとしても逆効果しか出せません。

105.00 の高値からのプルバックが終わっているかどうかまだまだ結論付けられません。しかし、ここからみると豪ドル円のマーケットはすこし上昇トレンドに入ったようです。なぜなら、去年から今年にわかってマーケットは2回90.00台のサポートを訪れましたが、リバースするポイントが徐々に上がっていきます。

まだまだ豪ドル円のトレンドをはっきりしてない限り長期ポジションは避けるべきです。短期トレードなら普段よりも小さめなポジションでトレードし、マーケットの様子がおかしかったらすぐにカバーすることが大事です。

豪ドル円はよく他のFXマーケットに影響されます。

豪ドル円FX市場短期チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

次に豪ドル円FX市場の短期チャートみてみましょう。

豪ドル円のFXマーケットは常に単体として動いているわけではありません。FXマーケットには他のマーケットより強い相関性を持っています。言い換えれば、一つのマーケットの動きは他のマーケットにも影響与えます。いまの世界経済状況を見れば円安とドル安のテーマはメディアとトレーダーの注目になります。そのため、豪ドル円をトレードするときにはドル円とユーロドルのFXマーケットにも注意する必要があります。

以前の記事に書かれたように、ドル円のFXマーケットはこれから下がりトレンド(円高)に入る可能性が高いです。その影響で、豪ドル円も下がりトレンドに入る確率高まります。それ以外にもユーロドルにも似たような展開が予想されます。ユーロドルは1.4000肝心なレシスタンスにたどり着いたあとに徐々にリバースして行きます。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント