トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

豪ドルFX市場長期予想 - 01.07.2014

伝統的な方法でチャート分析するだけだと限られたの情報しか見られません。そこで時間という要素加えれば、より良くマーケットの分析できます。

豪ドルFXチャートの長期トレンドは下がりです。しかし、そう簡単ではありません。 

多くのFX初心者は単にMacdやRSIなどのテクニカル指標の売買シグナル見るだけで、実際のチャートあんまり目を付けません。しかし、テクニカル指標がどんなによくても限られた情報しか取り入れられません。特に多くのテクニカル指標はベーシックなテクニカルツールを元に作られました。例えば、MacdやRSIや一目均衡はすべて移動平均線で作られました。フィボナッチやパイヴォットなどはサポートレシスタンスで作られました。

それらのツールを使っているトレーダーたちは実際にみんな同じ移動平均線のチャート見ています。彼達より一足早くマーケット読み取るため、直接ロウソク分析した方がいいです。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

では、豪ドルの月間チャートから始めましょう。

ぱっとみれば豪ドルは下がりトレンドですが、よくみてみると、その下がりトレンドはちょっと「弱い」です。なぜなら、マーケットが1年以上の時間渡って0.9750台のブレイクアウトポイントから離れなかったからです。強いトレンドだと、ブレイクアウト直後にもっと激しい値動きがあったはずです。

しかし、すぐにリバースするわけではありません。こういったマーケットには、一番よい対応策はトレンドの方向で短期スイングトレードすることです。その間、リバースするサインを常に見張ります。豪ドルの場合、リバースのサインは0.9750台から1.0000向かってブレイクアウトすることです。

FX取引するときエントリーするロケーションはすごく大事です

豪ドル日足チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

エントリーするロケーションはそのトレードのリスク、勝率、そしてトレーダーのメンタリティを決めます。例えば、いまここで豪ドル市場でロングしました。ストップロスセットできるところは遠い0.8750にあります。そしてターゲットオーダーは0.9750台にあります。リターン対リスクの割合はわずかの0.50です。個人的にはリターン対リスクの割合が3以上でないとエントリーしません。

ロケーションを決めることも大事です。いまのロケーションは0..97500レシスタンスと0.8750サポートレベルの間です。できればレシスタンスに売り、サポートに買います。先ほど見た長期トレンドも含めて、ここで一番よいトレードは多分0.9750台で売ることでしょう。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント