トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

先物取引のメリットとは

日本でのコモディティ取引はまだまだそこまで普遍していませんです。先物はFXマーケットなどと違ってレバレッジすごく高いデリバティブです。ですので、取引する前に注意点いくつか知る必要があります。

先物市場には高いレバレッジが含まれています

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

日本でのFX業者はマックス25倍のレバレッジしか提供できませんが、先物の場合50や100倍のレバレッジの方が普通です。

レバレッジが高ければリターンも高くなりますが、それなりにリスクも高くなります。大半のトレーダーや投資家にはそこまで多くの「バファー」持っているわけではないので、高いリスクを耐えられないでしょう。バファーというのはアカウントに余った資金、つまり予備金のことです。バファーが少なければゲームオーバーのリスクも高くなります。

基本的にプロの先物デイトレーダー(個人のみ)の間で25,000〜50,000ドルのアカウントが一般的です。多くの人はアメリカS&P500先物(ミニサイズ、通称Eミニ)をトレードしています。25,000ドルのアカウントであれば一つのS&P500ミニ契約取引します。

それ以外にも原油や黄金やコッパーや天然ガスなどの市場に参加しているトレーダーがあります。それぞれの先物市場に違う注意事項がありますが、ここで一気に全部紹介しきれないので、メインなものだけを見てみましょう。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

先物マーケット参加するときにカレンダーに注意払う必要があります

FXマーケット(スポット)はリクイディティものすごい高いため、先物市場よりも安定しています。そして通貨市場は国の輸出入などに大きな影響与えていますので、政府機構や中央銀行などはなるべくそれをある程度の幅に抑えています。しかし先物取引の場合取引所が前もってセットしたリミットダウン以外に他の制限がないです。つまりFXマーケットよりも大きな動きが見られます、特に経済市場や政治家の記者会見があるときに。

ですので先物取引するときに毎日カレンダーにチェックする必要があります。ここで一部の先物を例として紹介したいと思います。

原油先物取引する場合、毎週水曜日の朝(ニューヨーク時間)にEIAレポートという経済市場があります。基本的に世界中の原油の在庫を示す数字です、EIAの数字がエコノミストの予想よりも悪ければ原油マーケットに多くな影響与えます。なるべく発表の5分前すべてのデイトレポシションをカバーした方がいいでしょう。

毎月最初の金曜日の朝(ニューヨーク時間)にアメリカの雇用統計の発表があります。多くの経済指標の中に雇用統計は一番注目されています。原油や黄金だけでなく、FXマーケットや株式マーケットにも大きなインパクト与えます。

株式先物、例えばS&P500先物や日経先物など、は年に4回オプション/株先物/スワップの締切日が重なる日があります。通称はクワドゥップルヴィッチングです。

関連記事

オンライン商品取引ガイド
初期的な商品取引は数千年前から存在していましたが、
現在では商品は完全にオンラインで取引することが可能です。

CFDのオンライン取引ガイド
CFD(差金決済取引)は売り手が買い手に、過去と現在の資産価値の差を支払うという売り手と買い手の契約です。

世界で最も取引が盛んなコモディティーのトップ10
コモディティー市場では世界中の人々が日々、通貨や現産物といったコモディティーをトレードし、収益のチャンスをうかがっています。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント