トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXトレーダーのアドバンスロウソク足チャーティング

ロウソク足チャーティングはトレーダーの間でよく使われているテクニカル分析ツールです。一見ランダムなチャートでもよく観察と分析すればその中からFXマーケットのセンチメントがわかります。

FX市場分析するときトップダウンかボトムアップ?

基本的にテクニカル分析ツール使うときに、多くのトレーダーは一つ以上のチャート使っています。例えば日足と週間ロウソク足の組み合せで。しかしその順番は??

トレーディングに関するほかの質問は一つだけの「正解」なんてありません。しかしチャートを使う順番に関しては「正解」があります。これまでのトレーディング経験と他のトレーダー観察した経験を含めて自信を持って言えるのは多数のタイムフレームのロウソクチャート使うときは「トップダウン」のアプローチが正解です。

なぜなら、多くのFXトレーダーはデイトレーダーやスイングトレーダー、いわば短期トレーダーです。そのため、日足チャートに注目する傾向があります。その結果として、マーケットのランダムな動きに取られ「大局」見られなくなる恐れがあります。プロのトレーダーたちはそれに気付き、それを防止するためチャート分析するときに常に月間ロウソク足から始めます。月間の後は週間と日足、そして4時間ロウソク足と1時間に移ります。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

ほとんどの主流テクニカルインディケーターは「ラグ」あるためFX取引に向いていません

多分FXトレーディング長くやって続けると、しょっちゅうにテクニカル分析ソフトのチラシや広告などが来ると思いますが、その中に最も強調されるメッセージは「過去のパフォーマンス」のことです。しかし、過去は過去のこと、「現在」というものと違います。

多くのベンダー、つまりテクニカル分析ソフト設計する業者たち、はそれらのテクニカル分析ツールソフトの(バックテストの)パフォーマンスをあげるために、「カーブフィット」しています。カーブフィットというのはバックテストの結果をよくするためにある程度テクニカル分析ツールの調整をすることです。その結果として、作られたソフトはバックテスト上に優れた結果持っていますが、実際に使ってみるとそこまで良くもないものが多いです。言い換えればそれらのソフトには時間的な「ラグ」があります。

もちろんプロとして、ひたすら他人のアイデアやトレーディングシステムコピーするわけではないので、自分だけのソフトを探るのは一番良いと思います。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

FXトレーディングにはパーフェクトなパフォーマンス目指すよりも「良い」パフォーマンスを目指します

トレーダーとして「完璧主義」は行けないんです。なぜなら、いくらテクニカル分析上達になったとしてもすべてのトレードが勝ちトレードのわけがないからです。ですので、100%勝ちというような不現実なゴールを目指すよりも60%〜の勝ちレートを目指した方がいいでしょう。知り合いのトレーダーの中にも10%の勝ちレートで儲け続けたトレーダーもいました。

関連記事

アドバンスFXチャーティング:ブレークアウット戦略
マーケット長く観察すればわかると思いますが、FXマーケットには80%の割合で横向きの状態にあります。
残りの20%がブレークアウットです。しかしその20%のブレークアウットは7割以上のリターンへと。。。

ロウソク足チャーティングでFX取引
ラインチャートなどよりロウソク足チャートの方はFXトレーダーの間で人気です。
しかし初心者としてどこから始まればわからない人が多いと思いますので、ここで少しチャートの読み方紹介したいと思います。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント