トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

勝ち狙いに役立つチャート

FXデイトレーダーはトレードの技を磨くのに役立つ多くのツールを利用していますが、時間足チャートはマーケットのマインドセットを学ぶのにもってこいです。

FXトレードにはデイトレーダー、スイングトレーダー、ポジショントレーダーなど数種類のスタイルがあります。デイトレーダーは日中の単一セッションで迅速に収益を狙います。スイングトレーダーは、より大きなポジションがマクロトレンドに到達するまで数日から数週間にわたりポジションを保持します。ポジショントレーダーは長期で活動し、それに応じて通貨をまたいで動きます。

デイトレーダーはティックチャートの時間足で60、30、15、10、5分など、一定の時間間隔で動きます。収益チャンスが見える絶対的な時間枠というのはありませんが、複数の時間枠をオーバーラップさせることで収益チャンスを増やしています。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

デイトレーダーがフォローする4つのチャート

•   60分足チャートはマーケットのマインドセットを読むのに利用します。日をまたいで活動するトレーダーは60分足チャートでトレンド分析を行う場合もありますが、エントリーやクローズのポイントを最適化するにはもっと狭い時間枠が推奨されています。

•   30分足チャートでは収益チャンスは五分五分なので、ミドルレンジでのエントリーに使います。辛抱できず、大きなトレンドが見えてくると飛び込んでしまうトレーダーが多いと言われています。FXのような流動性の高いマーケットで飛び込むのは明暗の分かれ目となりますので、トレーダーにとって忍耐は不可欠です。判断にできるだけ確信が持てる状況が必要で、長期的にはできるだけ高いエントリーポイントを利用するようにします。

•   15分足チャートは現在のトレンドに絞って狙いをつけるもので、他の時間足より多くの情報を判断できます。もし30分足チャートで確固としたトレンドが見えたら、15分足チャートでも確認します。全く異なる情報が得られる場合もあるからです。FXトレーダーは平均回帰トレードなど特定の情報を探します。

•   15分足チャートは、見込みやポジションをとるタイミングを拾うには10分足より粗すぎます。10分足チャートをチェックした後は、5分足チャートを見て投資に踏み切るか留まるか判断できることがあります。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

デイトレードでおかしがちなミス

リテールFX取引は賭け金の高い舞台ですから、リターンを増やすために軽率に動いていないかを己に問い、統制がとれたマインドセットで取引ができるように学習を重ね、自身の投資ポートフォリオの代替手法を練ることが必要です。その他の留意点は次の通りです。

•   アベレージング・ダウン―平均費用を低減させるために、元の購入よりも低い価格でより多く株式やオプションを購入します。よい戦略にもなり得ますが、負ける可能性もあります。

•   ニュース―時事などのイベントによって市場の方向性が変化しますが、イベントの究極的な方向は未知数です。イベントの最終的な結果を知る前に予めポジションをとるのは望ましくありません。

関連記事

FXのテクニカル分析を理解する
テクニカル分析とは、FX取引で使用される分析の一種で、最善の取引に置ける意思決定を判断するための重要なツールです。

FXチャートを読む流れ
最初にFXマーケットのチャート見るときに、多分ランダムな模様しか見えないですが、
経験と積み重ねれば、簡単にマーケットからの「合図」と読めるようになれます

アドバンスFXチャーティング:ブレークアウット戦略
マーケット長く観察すればわかると思いますが、FXマーケットには80%の割合で横向きの状態にあります。
残りの20%がブレークアウットです。しかしその20%のブレークアウットは7割以上のリターンへと。。。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント