トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

補完通貨

補完通貨はドル、ポンド、円といった法定通貨に対し、コミュニティや地域で独自に作成される通貨のことです。

世界各地のコミュニティー(地域)内で従来の通貨に代わるものがサービスや商品への支払い手段として作成されました。ドルやポンドを使う代わりに、独自に作成した代替手段である補完通貨というものを使用するのです。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

補完通貨の解説

補完通貨は国家による法定通貨が満たすことのできない役割を担うための、変革へのための手段です。補完通貨は外国為替や通貨取引には使用されませんが、International Journal of Community Currency Research(補完通貨に関するオンライン学術誌)で概説される4つの主要目的を持っています。その目的は次の通りです。

•   持続的・継続可能なライフスタイルを築くこと

•   地域経済の発展を推進すること

•   社会的資本を構築すること

•   従来の通貨では満たせないニーズを満たすこと

補完通貨は法的通貨ではありませんので、FXトレードでは使用されません。FXでは政府が発行した法的通貨だけが取引されます。イギリス、アメリカ、ヨーロッパ諸国では特にそうです。金銭債務などの弁済手段として強制力を持つ通貨は法定通貨だけですが、取引当事者間で他の決済手段を使うという取り決めをすることはできます。

従って、特定の要件を満たした補完通貨は合法的だということになります。一般的に、収入として補完通貨を得る事業の補完通貨による収益も課税対象になります。さらに、補完通貨は国の通貨に似せてはいけません。2011年にバーナード・フォン・ノットハウス氏が、自身が創設したリバティドラーがアメリカ政府発行通貨に類似するというかどで通貨偽造の有罪判決を受けました。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

補完通貨のしくみ

補完通貨の創設者や管財人が運用について取り決めます。地域通貨には国家通貨の裏付けが実際にあり、兌換レートが1:1というものもあります。しかし、国家通貨の裏付けなくビジネスで利用されたり誰かがサービスを提供する際に流通し始めるものもあります。補完通貨がその価値を保証されるためには、国家通貨と同様に信頼性を維持できなくてはなりません。

国家通貨を収入として得たり使ったりするのと同様に、補完通貨も収入として得たり使ったりすることができますが、補完通貨は特定の経済地域や特定の場所でのみしか使用できません。特定の場所で保管通貨が使用されている場合でも、それは地域にある資源を活用することで満たせる可能性がある社会経済的なニーズがある場合に特に有効で、その枠外では利用できません。さらに、補完通貨の制度に参加しているビジネスであっても、補完通貨での決済を一部でしか認めないこともありうるでしょう。その理由の背景には、そのビジネスが補完通貨が通用しない別の地域のサプライヤーと取引しているといった事情やその事業の従業員が補完通貨による給料の支払いを受け入れないという実態もあるでしょう。

関連記事

通貨市場の予想
2009年以来平均株価市場もかなり回復しましたね。ユーロや日本円も良い方法に向かっています。
ここで少しFXマーケットの予想したいと思います。

FXマーケットでよく取引される取引高トップ8の通貨
機関投資家も小売投資家も同様に、通貨の外国為替に対する収益機会を見つけることができます。
盛んに取引されている8通貨で27ペアできます。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント