トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

原油先物市場のトレンドと平均株価からの影響 - 13.08.2014

2009年の転落と回復以来、原油先物はずっと120.00台から80.00のレンジの間で動いていました。では、再び40.00台に戻るか、それとも200.00の高値に戻りますか。

原油先物市場の長期センチメントはトレンドレスです。

原油先物市場長期チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

先物市場でデイトレードするとき覚えておきたいのはマーケット同士の関係です。例えば、コッパー市場の動きから平均株価やFX市場の動き有る程度予想できます。そして、S&P500平均株価やユーロドルのFXマーケットの動きで原油先物市場の動きを予想できます。長期チャートにはまだまだそこまで見やすいではないですが、デイトレするときこういった連帯関係はより見やすくなります。とくに原油先物市場でデイトレしているトレーダーたちにとって平均株価市場の動きは大事です。

最近世界中の平均株価市場やメジャーなFX市場たちほぼ全部上がりトレンドから横向きの状態に入りました。その影響も原油の長期チャートから見られます。今月のロウソクは大きな陰線でした。

ここのチャート見るとき一番気になるのは原油が何度も120.00までたどり着けなかったことです。この場合起きたことよりも起きなかったことのほうが大事です。120.00まで行けなかったということはロングたちの弱さを証明しています。

ポンドドル市場でデイトレするとき他のFX市場も注意しなければなりません。

次は原油先物市場の短期チャートをみてみましょう。

原油先物市場短期チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

過去数ヶ月間のデータ見れば原油先物市場がもともと上がりトレンドであることがわかります。そして平均株価市場のリバーサルとともに、原油先物市場も徐々に上がりトレンドから下がりトレンドに入りました。今の原油は110.00台のレシスタンスと91.00台のサポートの間にあります。原油自身のトレンドははっきりしていないため、ここでショートすることオススメしません。恐らく平均株価市場にリバウンドがあれば、原油先物市場も再び値上がりするでしょう。原油先物市場でトレードするときトレードのロケーションは大事です。マーケットのトレンドに合わせて、サポートで買い、レシスタンスで売ることオススメします。もしロングかショートか、どっちを選べばいいかわからないときしばらくほかのマーケットに移してもいいと思います。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント