トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

原油先物市場のトレンド状態 - 28.07.2014

恐らく原油先物のレートはいままでずっと平均株価市場に支えられたでしょう。もし、平均株価市場の上昇トレンドが終わったら原油先物のレートも崩れるでしょう。

平均株価は上がりトレンドですが、原油先物のセンチメントはトレンドレスです。

先に原油先物市場の月間ロウソク足チャートから見てみましょう。

原油先物市場チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

2009年のデータをみれば原油先物市場はどれぐらい平均株価市場に影響されるかわかります。2009年の底から回復した後、原油は穏やかなペースで80.00台から120.00台のレンジで動いていました。そして、世界中の平均株価が市場最高値達したため、原油先物市場も多少影響され、徐々に上がっていました。しかし、その上がりトレンドはほかのマーケットに影響されたもののため、良いトレンドではありません。

長期的には原油はすでに80.00から120.00のレンジで3年間止まりました。このレンジからのブレイクアウトは激しいでしょう。そして、恐らく原油の長期展開はユーロドルとS&P500平均株価によって決められるでしょう。今のユーロドル市場とS&P500平均株価市場はまだまだ上がりトレンドですが、両方ともレシスタンスレベルにたどり着きました。S&P500は2,000台でユーロドルは1.4000台のレシスタンスレベルにたどり着きました。これらのレシスタンスでリバースできるかどうかこれから注意する必要があります。

週間の原油チャートには大きなヒントが隠されています。

原油先物市場週間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

では、原油市場の週間ロウソクチャートに移りましょう。

違う時間軸のチャートでアナリシス行うと、普通見えないことも見えるようになります。そして、違う観点からマーケットのセンチメントとトレンドがわかり、最適な対応策取れます。原油をトレードするときも同じです。ただ長期チャートみるだけでは、マーケットのセンチメントを上がりと思うんですが、短期のチャートみれば、違う結論が出ます。

原油の週間チャートみれば一つ大事なことがわかります。それは原油の上がりトレンドは弱いトレンドのことです。原油市場は今年中旬ころに105.00台からブレイクアウトしようとしましたが、それはできなくて、再び105.00以下に戻りました。もし、今の上がりトレンドは強いトレンドであれば、こういった展開は無いでしょう。そのため、ここでは長期ロング避けるべきです。ショートするのもちょっと早いので、長期トレーダーはしばらくここで待機し、トレードのチャンスを待ったほうがいいでしょう。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント