トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

通貨市場のイノベーションについて

過去二三十年間にFXマーケットもずいぶん変わりました。特にインターネットの普及とともに取引所行かなくてもマーケットにアクセスできるようになりました。

通貨ペアのリクイディティが高くなりました

ネットのかげで、たくさんの人がマーケットに参加できるようになりましたが、それは一体どんなふうにマーケット変えましたか。

通貨市場の参加者の数が増えるとともに、マーケットのリクイディティも上がりました。つまり、毎日取引される契約数が多くなりました。そのため、マーケットはもっと安定な状態にいられました。過去20年間のチャートよく見れば、たくさんのギャップが見られると思います。それはリクイディティが低かったからです。特定な値段ね成約できなかったため、マーケットはギャップしました。最近のユーロやポンドなどのチャートを見れば、ごく稀にギャップ生じます。たとえあるとしても、日曜にオンラインマーケットが開く頃で、多くても10〜30ピップスぐらいでしょう。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

おかげで、FX取引の手数料もかなり安くなりました。昔OTC(オーバーカウンター、取引相手と直接交渉)や取引所のオープンクライなどを参加しなければ取引できません。取引所の会員費はそれぞれなんですが、現在の金額で計算するとおよそ2百万円ぐらいでしょう。それに比べて、オンラインでFX取引するため、一つの契約につき0.5〜1.0ピップスぐらいの手数料かかるでしょう。金額に換算すると、大体100,000ユーロの契約だと大体100円ぐらいでしょう。

24時間どこでもFX取引できるようになりました

もちろんネットの普及の一番のメリットはどこでもいつでも取引できるようになりました。オフィスに行かなくても簡単に自分の家の中にパソコン使ってトレーディングできます。しかも、以前と違って、最先端なポソコンやサーバーなど全くいらなくて、普通のパソコンでも十分です。言い換えればトレーディングの世界に入るための「コスト」がさらに安くなりました。

そして、ネットのおかげで東京、ロンドン、ニューヨーク三大の取引所がつながれました。その結果として、世界中のマーケットを簡単にアクセスできます。特にファンダメンタルズで投資しているトレーダーたちにとってすごいメリットだと思います。なぜなら、一つの予想や見解に対して様々な資産を運用でき、もっと自由に投資できます。例えば、アジアの国に投資したいですが、日本の平均株価だけでなく、韓国やシンガポールなどの国の平均株価簡単に購入できます。それだけでなく、その国の国債も政府機構のサイト、もしくは自分の業者のアカウントから簡単に売買できるようになりました。

そして、ロケーションに気にせずにどこからでも自分のポフォーリオ監視できます。ソフトにフィルターやアラーム機能付いているものも多いので、何かニュースや動きがあれば教えてもらえます。確かに技術のおかげでトレーディングも楽になりましたね。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

オンラインFX市場の理解
トレーダーが多くの通貨を売買・投資・交換できるのがFX市場であり、多くの異なるトレーダーや会社が関わっています。

オンラインFX取引のメリット
世界で最大かつ最も流動性の高い金融市場であるFX市場におけるトレードには様々なメリットがあります。

マネーマーケットは短期資金調達の場
大小に関わらず、投資家は弱気市場で自分の投資を護るため、
または短期的な金融ソリューションとしてマネーマーケット(短期金融市場)を利用しています。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント