トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

通貨市場の予想

2009年以来平均株価市場もかなり回復しましたね。ユーロや日本円も良い方法に向かっています。ここで少しFXマーケットの予想したいと思います。

ますはアメリカ平均株価S&P500とFXから見ましょう

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

一般的に言えば、ユーロやポンドなどの通貨は世界中の平均株価に影響与えます。通貨は平均株価より一足早く経済状況を反映します。

平均株価市場と違って、FXマーケットには中央取引所ないし、リクイディティも高いため、平均株価より経済状況に反応します。言い換えれば、平均株価市場は通貨市場をフォローします。特にデイトレしているなら、もっと明らかになります。よく観察すれば以下の関係見つかると思います。

ユーロ/ドルの通貨ペアはアメリカ平均株価S&P500やイギリス平均株価FTSE100などに影響与えます。時によって、ティックスごとにフォローすることもあります。

そして平均株価は原油や利子レート先物などの市場に影響与えます。

黄金、銀、コッパーなどのマーケットは中央銀行の介入ないため、通貨市場より早く経済状況反映できます。言い換えれば、黄金マーケットの動きからある程度ユーロや日本円やアメリカドルを予想できます。

ユーロや円などの通貨市場には政府機構や中央銀行などからの介入が多く(政府が新しい札をプリントし、それを使って国際を買い、利子レートを下げ、経済をよくします)、たまに長い時間にわたってバブル状態にいられます。その反対、世界中の政府機構は黄金を所有していますので、一つの国が勝手に黄金の値段を操ることできません。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

ユーロFXペアは現在バブル状態にあります

マーケットの天井や底に関しては「良いもの」と「良くないもの」があります。ユーロ市場(長期チャート)を見れば、1.2700レベルに一つのサポートレベル見つかると思いますが。そのレベルにマーケットが3回も訪れました。言い換えれば、1.2700の真下に多分既に大量のストップロスオーダーが集まったんでしょうね。スマートなトレーダーがいれば、簡単にそのサポートレベルを崩せ、人工的にユーロの値段を抑えられます。S&P500インデックスも同じです。2010年12月31日のギャップからマーケットほとんど一直線で進んでいます。良いトレンドにはこういう流れのはずです:トレンド>横向き>トレンド。しかしS&P500を見るとき、横向きのエリアがないです。つまり、買い手たちはひたすら買っていました。

ユーロやS&P500は他の通貨マーケットの指標です

この二つメジャーなマーケットに何か起きれば他のマーケットにも影響及ぼすに違いないです。特にポンド、豪ドル、カナダドルなどはユーロとつながっています。日本円の場合日経平均株価とつながっているため、S&P500に何かあれば、同じく影響受けるでしょう。残りは一つの「トリガー」が必要です。例えば、スペインの国際問題やアメリカの雇用統計の数字などです。

関連記事

経済カレンダー
DynamicTradeのFXカレンダーで、常に最新の立会時間と祝日をチェック

マネーマーケットは短期資金調達の場
大小に関わらず、投資家は弱気市場で自分の投資を護るため、または短期的な金融ソリューションとしてマネーマーケット(短期金融市場)を利用しています。

FXのテクニカル分析を理解する
テクニカル分析とは、FX取引で使用される分析の一種で、最善の取引に置ける意思決定を判断するための重要なツールです。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント