トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FX取引では感情的にならない

トレーダーが冒しがちな過ちは、取引に関する意思決定に感情を持ち込んでしまうことです。

勝てるようになるためにはまず、感情的な判断を避ける方法を習得しなくてはなりません。相場の動きに影響を与えるファクターに基づく合理的な戦略でもってFXトレードを行うのが成功の秘訣です。外為市場は変動性が高いため、トレーダーは感情的になりがちですが、感情に支配された決断は戦略的決定としては不適切であるため、マーケットで何が起ころうともストラテジーに忠実であることが大切なのです。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

トレードシステムを構築する

実用的なトレードシステムは非常に重要だと熟練FXトレーダー達は口を揃えます。感情ではなく根拠に基づいた戦略的判断を下すことを可能にするのがトレードシステムなのです。トレードのタイミング、何を取引するか、ストップロスをどこで出すかなどを割り出してくれます。実用的なシステムを使って意思決定を行うことにより、トレーダーはより多くの利益を手にすることができます。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

効果的なトレードシステムの要素

効果的なトレード戦略を打ち立てる際に考慮すべき点がいくつかあります。まず、特定の通貨を確保するのにどのような条件が必要かを決定する必要があります。例えば、通貨が特定pips下がった時にこれが安値と分析されたら買い注文を出すといった具合です。

また、トレードのエグジットポイント(出口)も考えておかなくてはなりません。トレードの出口が必要な理由は1)ロスを最小限に抑え、2)利益を最大化する、の2つです。言い換えれば、トレード戦略には、利食いとストップロスの注文双方を盛り込む必要があるということです。

もう一つ考慮するべき重要なファクターは、マーケットにおけるどのような事象が自分の決断を変えるのか、ということです。マーケットには予測可能なパターンもある一方、予測通りに相場が動かない場合も時にはありますし、途中で多くのパターンが出現するでしょう。ですから、どのような事象(市場変化)なら決定を変更し、どの事象なら変更しないのかを事前に決めておく必要があります。

どのトレーダーも、適切な出口戦略を持つことが重要です。出口戦略はロスが5%に達したらストップロス注文、利益が40%に達したら利食い注文、というようなシンプルなものでも構いません。

最後に、トレーダーとして粘り強さが非常に重要となります。分析によって必要な情報や全体的なパターンを得ることはできますが、パターンも完璧なものではなく、不規則に上下することもあります。もし相場が予測と逆の方向に動いていたら、ここはきっぱりとロスカットして次のトレードへと気持ちを切り替えましょう。

関連記事

なぜFXトレードはビジネスとして取り組むべきか
FXトレードをビジネスと比較してみましょう。どちらもコストを最小限に抑えつつ利益をあげることが目標です。

FXトレードにおける自己規制と自己責任
トレードを真剣にビジネスとして行うためのヒントを他のトレーダーに提供することで自分のトレードも高めているトレーダーもいます。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント