トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ダウ平均株価デイトレ分析 - 30.06.2014

先物トレーダーとしてサポートレシスタンスレベルなしの「バキューム状態」で取引することは好ましくないです。なぜならストップロスやターゲットオーダーせっとできないからです。

ダウ市場 のようなトレンドマーケット分析するときまずサポートレシスタンスレベル探します

 長期チャートからみれば、ダウ市場はほぼ一直線でトレンドしています。サポートレシスタン

ダウ週間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

ここから見ると二つのサポートレシスタンスラインがかけます。一つ目は15,500にあるサポートレベルです。二つ目は16,500にあるサポートレベルです。この二つのレベルはロングポシションのストップロスセットするため最適なレベルだと思います。

ダウは明らかに上昇トレンドの最中です。ここでショートすることオススメしません、特に長期投資家とスイングトレーダーたち。デイトレーダーならうまくショートできる場合もあります。しかし、大きな上昇トレンドが有った次の日にショート避けましょう。経験によると、普段の平均株価マーケットは急にリバースしません。できればこれらのレシスタンスレベルに待機し、プルバックのチャンスを利用してトレンドに乗りましょう。

ダウマーケット は上昇トレンドとは言え、結構トレンドの後期にあります

では、次にダウお日足ロウソクチャートで対策を立てましょう。

ダウ先物日足チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

ただし、ダウ市場のトレンドはいま他の平均株価市場と同じく、今結構トレンドの後期にあります。一般的には平均株価市場の長期トレンドは10年ぐらいの時間で一つのサイクルです。言い換えれば天井から底まで、そして、底から再び天井に着くまで10年ぐらいの時間がかかります。

とは言え、ダウのトレンドはまだまだ終わっていません。証拠としれ16,900台に二回とも訪れました。もし売り手たちは本気で売ろうとしたらこういった「駱駝トップ」はないでしょう。恐らく多くのトレーダーたちは17,000の整数レベルに警戒して、次々とロングポシションを削ったでしょう。

ここでロングするならオプションマーケットでしたほうがいいでしょう。直接オプションのコール買うではなく、バーティカルのコンビネーションでロングしたほうがいいでしょう。もしくはここままフラットな状態で待機しても悪くはないと思います。先物トレーダーとして機会を待つことも仕事の一つです。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント