トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ダウ平均株価短期対策 - 18.07.2014

とはいえ、ほかのマーケットと違う戦略取れます。そして、ほかの平均株価市場がリバースやブレイクアウトするとき、それぞれの市場みて、自分のリスクパラメータに合うもの選べます。

とはいえ、ほかのマーケットと違う戦略取れます。そして、ほかの平均株価市場がリバースやブレイクアウトするとき、それぞれの市場みて、自分のリスクパラメータに合うもの選べます。

平均株価市場はFXマーケットとおなじく、互いにすごくつよい相関性もっています。つまり、それぞれのマーケットになにかおきればほかのマーケットにも影響及ぼします。そのため、いままでブログポストで相関性あるマーケットで同時に複数なポジション持つことを避けるとかきましたが、違うマーケットだと、違うサポートレシスタンスレベルがあり、違うリスクとリターンのパラメータがあります。そのため、一つのマーケットに自分に合うトレードが見つからなかったら、似たようなマーケットで同じトレードのアイデアを表現できます。例えばS&P500でロングしたいですが、リスクが多すぎてなかなか手を出せませんでした。その場合、同じアメリカ平均株価のダウにトレードしても悪くはないとおもいます。違うトレードのロケーションもらえれば、より低いリスクで似たようなトレードをできます。

ダウ指数週間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

では早速ダウ指数の週間ロウソク足チャートから見てみましょう。

日経とS&P500とおなじく、ダウもほぼ一直線で進んでいます。ただし、S&P500平均株価よりもサポートあります。週間チャートから見ると16,500台はなかなかいいサポートレベルです。なぜなら、マーケットが今年三月ころにそのエリアに一旦止まった上、1,000ドル分のプルバックもしました。1,000ドル分もあれば、マーケットがリバースするとき十分その値下がりを止められるバファーあるでしょう。

上にまだまだレシスタンスとなるレベルはありません。一番近い整数は20,000台なので、結構距離あります。遅く多くのトレーダーたちは18,000ドルを整数レシスタンスとして使うんでしょう。あくまでこれは仮定なので、実際はどうかマーケットの展開を見るしかありません。

株投資家としてショートはまだまだ早いです

ダウ指数日足ロウソクチャートに移りましょう。

ダウ指数日足チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

日足チャートみてはっきりしたこと一つあります。それはマーケットがまだまだ上昇トレンドにあることです。いくらその上昇トレンドが弱っても一応トレンドです。「トレンド逆らうべからず」よくテクニカル分析の教科書に書かれるアドバイスですが、実際のトレーディングにそこまで多くのトレーダーがそのアドバイス従うことないでしょう。

できればポチポチ、ロングで稼いで、それと同時にオーバーナイトのロングとショートを避けましょう。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント