トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

投資家の代替措置としての上場投資信託

通貨連動型上場投資信託(通貨ETF)には、短期・長期トレンドにのることができる、最低投資額制約が無いなどいくつかの利点があります。

一般投資家やセミプロ投資家こそが、かつてはエリート投資家にのみ開かれていた世界で最大の流動マーケットの参加当事者です。マーケットは既に、ホームオフィスやPCへと広がっています。一晩中不眠でコンピュータ画面にかじりつき、トレードの虜となっている、というステレオタイプはもはやトレードには当てはまりません。日中の取引時間をスマートに利用し、その他の時間は家族や友人と過ごすのが典型的なFXトレーダーの姿です。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

投資家が利用できる代替投資方法

外為市場は非常にフレキシブルであり、多くの人がFX取引口座を開設したりトレーディングプラットフォームのセミナーに参加することなく通貨を売買しています。通貨は要件を満たした個人の年金口座おいてすら売買されています。

FX口座を持たない投資家は通貨連動型ETFで取引することもあります。これはクローズドエンド型のトレードです。非管理型で、結果もあらかじめ定められています。通貨連動型ETFはスプレッドが厳しいのですが、透明性が高いほか、売買しやすく、従来の債券や株式ポートフォリオとは趣向が変わりポートフォリオに多様性をもたらします。

非FX派の投資家は株式銘柄数株をニューヨーク証券取引所で購入するのと同じように外国通貨を購入します。証券取引口座とETFの知識だけで始められます。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

通貨連動型上場投資信託

ETFの多くは投資信託であり、実際に通貨を保有して投資家が信託するというものです。通貨連動型ETFはドル建てで基本となる通貨に連動します。例えば、円でETFを購入したとします。もし価格が米ドルに対して10%上昇すれば、円ETFの価値は10%上昇します。

通貨連動型ETFはその流動性やニューヨーク、トロント、ロンドン、フランクフルトと、異なる証券取引所で取引できることから投資家に人気があります。全通貨が全ての取引所で利用できるわけではありません。ETFを試す前に十分に調査をしましょう。

通貨連動型ETFは柔軟性が高いため、複数の投資戦略で利用できるでしょう。数週間から数年にわたる短期または長期のトレンドにのるためにETFを利用します。通貨連動型ETFでは、最低投資額の制限なしに証券口座から売買するオプションもあります。証拠金はレバレッジを拡大するのに利用し、基本となる通貨がどう動いているかを追跡し、通貨連動型ETFを必要なだけ保有します。

フルサービスのオンラインブローカーまたは該当する年金口座を介するのが最も簡単なETFの購入方法ですが、ETFは年金口座本体では未対応であることがあります。ETF目録に目を通せば、所得税の対象や手数料、配当についての詳細が確認できます。

関連記事

FXのヘッジファンドとは?
ヘッジファンドは投資リスク削減を達成するために組まれる投資のパートナーシップです。ヘッジファンドは通常、外貨運用を利用して、この目的を達成しようとします。

FXマーケットのヘッジについて
通貨市場のリスクを減らすには自分のポフォーリオのポシションを減らすかヘッジかしかないでしょう。ヘッジといっても、いろいろな手法があります。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント