トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXグリッドトレードとは

FXグリッドトレードはFX戦略の一つで、相場の転換を待つストラテジーです。

グリッドトレードはFXマーケットで相場の価格が常時変動していることを利用して収益をあげようとする戦略です。一定値幅の間隔を置いて逆張りし、相場の転換を待って収益を狙います。このタイプの通貨トレードでは一般的に相場方向の予測は不要です。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

シンプルなFXグリッドの設計

使用するFXグリッド構成の組合せに特に制限はありませんが、それぞれシンプルなグリッドを基にしています。ユーロ/米ドルを1.4100、グリッドの値幅を10pipsとしてトレードの基本構成を説明します。ストップロス注文と同じ所定の間隔で、クォート価格より高値で買い建て、この価格より安値で売り建てて収益チャンスを待つのがグリッドの戦略です。

グリッド機能の評価

一番単純な可能性としては、価格が上昇または下降する場合です。値上がりしたら買い注文をクローズし、利食いレベルまで動くのに合わせてオープンします。値下がりでは売り注文をクローズし、相場が下降を続けるのに従い利が乗ったらオープンします。古い注文に替えて新しい注文を出します。すなわち、値下げ10pipsごとに売り注文が作成され、相場価格を上抜くにつれ値上がり10pipsごとに買い注文が作成されます。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

グリッドでマイナスポジションを抱える場合

グリッドで難しい点は、相場価格から相当離れたマイナスポジションやオープンポジションを抱えこむ可能性があるという点です。グリッドトレードで最も重要なポイントの一つは、含み損を抱えたポジションを長期間保持できる能力です。マイナスポジションを抱えても、精神的・経済的どちらでも対応できなければなりません。含み損のグリッドポジションを抱える場合の経済的インパクトは明らかです。資本が減り、口座収支は損に転落し、証拠金を追証しなくてはならなくなります。

マーケットがポジションを持ち直す動きを取らなかった場合にはスワップポイントを支払い、取引日終了前にクリアする必要すらあるかも知れません。損となったポジションを仕切り直せるだけの充分な資金も取引口座に必要となります。グリッドでもっとも一般的な問題は含み損を抱えたポジションを累積してしまうことです。こうなった場合には、取引をオープンしておくだけの証拠金が足りなくなり、マーケットが好転する前にクローズの必要に迫られることになります。

関連記事

FX市場を形作る要素
FXマーケットを形作るものには4つの要素があります。需要と供給、投機と期待感、政府と国際取引です。

ギャンのFXトレード戦略
ウィリアム・ギャンは20世紀に世界で名を馳せた伝説的トレーダーで、何年にもわたり、
マーケットトレンドに基づいたトレード戦略を編み出した人物です。

FXトレンドフォローの手法
FXトレンドを正しく追うことができれば収益チャンスはいくつもあります。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント