トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ヨーロッパのFX取引

ヨーロッパのFX取引はロンドン取引が中心になっており、アメリカやアジアの取引セッションと重なるという特有性があります。

ヨーロッパのFX取引セッションはロンドンの商い時間に基づいています。このFX取引セッションは、朝にアジア取引セッション、午後はアメリカの取引セッションと重なるため、非常に特異であるといえます。アジアFX取引セッションの終了時刻が近づくころには、ヨーロッパの主要な金融センターが一日の取引を開始します。主要なヨーロッパの金融センター(ミラノ、マドリッド、ブリュッセル、パリ、フランクフルトなど)の中でも、ロンドンは最も重要な金融拠点です。米国と西欧の中間的な立場という点から、ロンドンは戦略的位置にあると言えます。数世紀もの間、ロンドンは通商貿易の中心でした。世界のFX取引の30%が、ロンドンの取引時間中に行われています。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

ヨーロッパ取引セッションの特徴

一般的にヨーロッパ取引セッションは積極的に動き、全FX取引のかなりの部分がヨーロッパセッション中になされますが、これは、アメリカやアジアの取引セッションと重なっているからであると考えられます。これはすなわち、そのヨーロッパ取引セッションは流動性が非常に高く、スプレッドが低いことを意味します。取引量が多いため、ヨーロッパセッションのボラティリティはアメリカの取引セッションと同等かそれ以上になり得ます。

重要な市場動向がある場合、それはヨーロッパ取引セッションで始まって、アメリカのセッションへと継続します。ロンドン取引セッションの12:00PM~2:00PMの間はトレーダーが昼食をとりながら残りの取引日の戦略を練るため、市場活動は弱まります。2:00PM以降は、アメリカのセッションが始まるので高取引量の第二ラウンドが始まります。 

キャッシュバック実施中DynamicTrade


通貨ペアとヨーロッパセッションのタイミング

ヨーロッパセッション中には、商いが非常に盛んで取引量が多いため、多くの多様な通貨ペアが取引されています。しかし、米ドル/日本円、英ポンド/米ドル、ユーロ/米ドル、米ドル/スイスフランを含む主要な商いをカバーするほどの取引量を持つ通貨ペアはあまりありません。一般的に主要ペアはヨーロッパのFX取引セッション中に発表された重要な経済ニュースすべての影響を受けます。 

FX市場で取引する際に、タイミングは非常に重要な要因であるため、利益を最大化できる時間に取引をするのがベストです。プロのトレーダーはその時間帯を周知しているでしょうが、個人トレーダーは時間帯については聞いたことがないかもしれません。プロのトレーダーは利益を最大化するために取引時間やタイミングを慎重に選びます。個人トレーダーも同様に、「パワーアワー」(強化時間)に取引することで利益を最大化できるでしょう。アメリカとヨーロッパの取引セッションの商い時間が被る4時間が「パワーアワー」です。

関連記事

トルコのFX
トルコでは、新政府の取引環境改革により、小売FX取引がより普及しました。

フランスのFX取引
ここ過去数年間で、フランスFX市場は取引量が20%~30%上昇という大きな成長を遂げました。

湾岸アラブ諸国のFX取引
湾岸アラブ諸国では、常に変動する相場のボラティリティ持続が豊かな投資機会を提供するため、FX取引が大幅に伸びています。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント