トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

トルコのFX

トルコでは、新政府の取引環境改革により、小売FX取引がより普及しました。

トルコでは、政府の規制改革のおかげで自由参加型のFX市場となったため、取引量が大幅に急上昇しています。トルコの Capital Market Board はライセンスを取得していないFXブローカーが小売トレーダーにサービスを提供することを禁止しています。この規制の変更はトルコFX市場の不確実性を減少させるために策定されたのですが、はじめの頃は、小売FX取引が著しく減少しました。しかし、正規ブローカーがサービスを開始し、投資家のFX市場への信頼感を回復させてからは、取引高は三倍に膨らみ、一日に$10億もの取引が行われています。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

激烈から秩序へ

規制改革の結果、規制機関と証券仲買業者の独自な連携が生じました。トルコのトレーダーは激烈なFX取引慣行に慣れていましたが、市場の不確実性を安定させた新しい規制を歓迎し、それに順応しています。規制が敷かれる前は、多くのブローカーが倒産し、顧客の資金を失っていましたが、現在では、会社が倒産しても顧客が損をしないように担保を持たなくてはいけません。トルコで最も人気のあるFX商品は、米ドル、ユーロ、トルコリラです。加えて金も人気がありますし、豪ドルや英ポンドも多くのトレーダーが扱い始めています。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

トルコ通貨相場の変化

トルコにおけるFX小売取引の増加は、潜在トレーダー数を拡大する収益増加や、全体的なFXへの関心の増加が影響を受けています。過去1年にヘッジファンドの数が減少したのに対し、小売投資家に注力するFXブローカーのFX市場における取引高はほぼ倍に増加しました。コンサルティング会社「Greenwich Associates」の調べによると、小売取引を扱うFXブローカーが占める取引量の割合は、2010年には10%であったのに比べ、18%に上昇しています。一方で、2012年から2013年の間に、ヘッジファンドは15%から11%に減少しています。民間銀行の市場占有率も39%から30%に減少しました。


小売トレーダーの台頭

小売トレーダーは今や、資産管理運用ファンドに匹敵するほど成長しており、例えば、年金基金などの資産管理運用ファンドは、2010年から18%から17%に減少しました。このような変化は、ヘッジファンド向けに作られた取引技術が個人トレーダーのFX市場へのアクセスを可能にしたことを物語っています。大手トレーダーを優位に立たせた高速ネット接続やコンピュータシステムは、全トレーダーが利用できるようになり、為替レートに透明性をもたらしました。トルコで急速に成長するFX市場は、相場の動きで資本化を狙う新会社を引き寄せ続けるでしょう。

関連記事

ヨーロッパのFX取引
ヨーロッパのFX取引はロンドン取引が中心になっており、アメリカやアジアの取引セッションと重なるという特有性があります。

フランスのFX取引
ここ過去数年間で、フランスFX市場は取引量が20%~30%上昇という大きな成長を遂げました。

湾岸アラブ諸国のFX取引
湾岸アラブ諸国では、常に変動する相場のボラティリティ持続が豊かな投資機会を提供するため、FX取引が大幅に伸びています。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント