トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXのスポット・フォワード取引(直物・先物)によるリスク管理

FXのスポットとフォワード取引(直物・先物)を組み合わせることで通貨の内在的リスクを緩和しつつ市場の振れを収益チャンスにつなげることができます。

1972年以降、米国では一般投資家による通貨差益取引が可能になりました。当時、世界では、ドルを基軸通貨とした固定相場制から変動相場制への移行が進んでいました。これにより、通貨取引(すなわち外為取引、FX)が米国投資家に導入されますが、当時は、シカゴ・マーカンタイル取引所の先物という形で行われていました。米国では、毎日の取引高が3兆ドルにものぼる世界最大規模のマーケット、FX市場に参加できるようになったのです。この規模は株式市場の4倍以上にも及びます。それぞれのトレーダーが関わることができるのは、グローバルオンラインFX取引の収益規模からすると本当にわずかな一部分にしかすぎません。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

2000年に、米国では法改正により、一般投資家が少額の投資でも大きなレバレッジで市場参加できるようにFXのスポット取引を解放しましたが、これは一方で、短い取引期間でわずかな価格変動があっただけで、多額の投資が一瞬にして消えてしまうことを意味しています。長期トレンドで通貨価値をある程度の確度で予測することは一般的に可能である一方、これを1時間足らずの時間枠で行おうとするのは投資というより博打(ギャンブル)です。しかしながら、内在的リスクはスポット、フォワード、オプションといった通貨取引を組み合わせることによって改善できます。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

個人の一般投資家も参加できるFX取引

先物為替市場は、もともと、多国籍企業や銀行が自由な通貨変動相場によって自分たちの通貨資産価値が脅かされることを回避するリスクヘッジとして導入されたものである、ということは、忘れられがちですが、これらの企業や機関はユーロなどの通貨を買い、先物為替でショートしたり、オプション市場でヘッジとしてプットオプションを買ったりすることで、通貨価値の下落をリスクヘッジしているのです。これにより、利益を出すまでの間、購入した通貨を保持できるのです。

一般投資家は、このFX戦略を、当然ながらより小さい規模で利用することができます。リテールFXトレーダーの多くはこれを利用しませんが、取引実行は実は簡単なのです。リスク回避といえば、ストップ注文くらいで、通貨変動の過剰リスクには目を向けず、とにかくすぐ目先の利益ばかりに注力しているトレーダーが多くいます。

賢いFXトレーダーであれば、スポットとフォワード(直物・先物)を組み合わせたり、スポットとオプションを組み合わせたりすることを学んでいます。価格の短期変動からも収益を得つつ、長期の動きに乗って、スポットのみの取引だけであれば発生しうる損失をカバーしているのです。

関連記事

オンライン先物取引ガイド
先物取引市場は、金融派生商品としては最も古いタイプのもので、他の金融市場とは著しく異なるものです。

先物取引のメリットとは
日本でのコモディティ取引はまだまだそこまで普遍していませんです。先物はFXマーケットなどと違ってレバレッジすごく高いデリバティブです。
ですので、取引する前に注意点いくつか知る必要があります。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント