トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXトレードの税制措置―税のあれこれ

FX市場で相当の利益を実現した場合の税対策もアメリカの例をあげて記載します。トレーダーが考慮すべき点がいくつか挙げてあります。

有益な税

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

役にたつヒント

トレーダーにとっての究極の目的は利益の獲得であり、こういった所得に関しては税申告義務が伴います。節税対策をして正しく確定申告すれば納税額を減らすことができます。最終的な利益取得のためにトレードと同じ真剣さで納税を行いましょう。アメリカの場合、最初のトレードを行う前にどのようなタイプの税が該当するかの判断を行います。その後はどのような状況の変化に対してもIRSの承認が必要となります。脱税は賢明とは言えません。納税を怠るとIRS(国税局)に摘発されれば、結果的に取得した利益より高くつくことになってしまいます。日本でも、個人トレーダーへの税務調査が強化され、税金を納めなかった人、つまりFXなどのインターネット取引で脱税しようとした人の申告漏れが摘発されています。米国商品先物取引委員会(CFTC)は店頭取引を登録していないものの、税務調査でIRSにはいずれ判明することです。こういったステップを踏むことで取得した利益をアメリカ政府に没収されずに済みます。 

オプションと先物

アメリカでは、IRC1256様式の申告を行うことにより、オプションや先物取引のトレーダーに適用される税率が低くなり、40/60適用となります。IRSはトレーダーの所得の60%を長期キャピタルゲインまたはロスとして扱います。残り40%は短期ゲインまたはロスとして扱われます。株取引の税率は短期物が35%です。先物やオプションには23%の税率が適用されますが、その内訳は60%長期トレード×最大15%+40%短期トレード×15%となっています。更に、日々行われるFX取引の60%が長期キャピタルゲインまたはロスとして扱われます。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

スポットトレードとIRC988様式

アメリカの税制において、スポットトレードに適用される税はIRC988様式に従います。この様式は2日以内で完結したFX取引に特化した仕様になっているものの、IRC988様式は通常のゲインやロス(収益・損失)にも税申告様式として適用することにより、投資家の「損失保護」を可能にしています。年間を通して継続する損失はすべて、3000ドルの限度額とは対照的に損失として計上されます。IRC988様式は比較的記入しやすい一方、IRC1256様式はより複雑です。IRC1256では12%以上が貯蓄にあてがわれるため、トレーダーの主な懸案事項はどれを選ぶかになります。この判断は取引年の1月1日までに行う必要があります。スポット取引で標準的に利用されるのは988様式ですが、1256様式は主に先物投資向けです。エクイティ取引に関わる投資は課税対象としては別分類となり、異なる課税が実施されますので、988様式にするか1256様式にするかの判断が難しくなるかもしれません。また、エクイティ取引がポートフォリオの一部である場合にはどちらの様式も利用できません。IRSは証拠書類として役立てるためのパフォーマンス記録様式を提供しています。記録をきちんととっておくことは重要です。これによりトレーダーの複雑な年次税申告がスムーズになります。数式を利用して起点資産から年度末資産を引いて純資産額を計上することができます。現預金を全て差し引き、口座から引き出された金額を足します。金利から所得を差し引きます。支払った利息やトレードに関連する経費を足します。このような手順を踏んでおくと、年間を通して損益率やその時点でかかる税額を正確に計上維持するのに役立ちます。

関連記事

国内のFX取引のレバレッジ取り締まりについて
日本のFX業者は金融商品取引法によって最大25倍のレバレッジしか提供できません。
しかし海外の業者だと200や300倍などのレバレッジはかなり普遍しています。ここでトレーダーに対する影響を見てみましょう。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント