トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ジョージ・ソロスの外為取引哲学

稼げるトレーダーになるための処方箋がFX取引哲学ですが、ジョージ・ソロスはその「成功者」の一人です。

もし1969年にジョージ・ソロスと1000ドルの投資を行っていたとしたら、その投資の価値は現在400万ドル以上にも上っているはずです。この気骨あるヘッジファンドマネージャ、かつFXトレーダーが生み出した取引収益額は驚愕に値します。クワンタム・ファンド(Quantum Fund)として知られる彼の会社は、外為投資家をはじめ金融市場すべてに関わる投資家の憧憬を受けています。彼の取引戦略や取引哲学は多くの物議を醸していますが、ジョージ・ソロは世界でもトップレベルのエリート投資家として外為取引を牛耳りました。雑誌「Institutional Investor」は1981年に、ソロス氏を世界で最も優秀な資産管理家であると称えました。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

ジョージ・ソロスの哲学

ソロスは短期投機家であり、金融市場の動きに対し大口で高レバレッジの投資を行うスタイルを持っています。知名度の高い彼のヘッジファンドは世界マクロ戦略を持つことで有名で、その哲学はコモディティ価格、為替レート、株その他の資産をマクロ経済的見地から分析した、一方向的な賭けに基づいています。ソロスは投資価値が上がるか下がるかに賭けているのです。この取引哲学は綿密な調査に基づいているものの、実行は「直感」で行われています。ソロスは金融市場の動きを観察するだけでなく、市場参加者についても深く洞察してトレードを決定しています。彼は外為取引の理論として「再帰性」理論を提唱しました。この理論は端的に言うと、市場参加者が直接的にマーケットの方向を変えるということ、そして参加者の行動が景気の上下をもたらすという考え方です。

主なトレード

1992年にソロスは数十億もの英ポンドを借入し、これを独マルクに変換しました。英ポンドが暴落した際、返済は下落したポンドの価値分のみで済んだため、マルクとポンドの価値の差益は10億ドルにも及んだと言います。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

結論

ジョージ・ソロスが行う取引手法では膨大な資金が動きますし、気が弱い人にはできない荒業です。大きく賭け大きく勝つということは、損失も莫大になりうるということです。そのような損失をカバーできない場合は、ソロスのように取引することは難しくなります。マクロヘッジファンドマネージャーは舞台裏で活躍し密かに稼ぐことが多いため、大方は脚光を浴びることを避けようとしますが、ソロスは異色の存在です。政治的・経済的にも侃々諤々としています。ソロスが多くのヘッジファンドマネージャーと一線を画する点は、彼の驚異的な成功や持論にあります。この30年間、彼はほぼ毎回勝ちを重ねてきました。このため取引でどちらの側だったかによって、ファンも敵も生み出しています。

関連記事

FXトレーディングの真実
FX初心者としてわからないことが多いと思いますが、最初に情報収集のためみんなネットに頼りますね。
しかしネット上で流される情報の多くはプロのトレーダーが書いたものでなく、あくまで「仮定」に基づいたものです。
ここで少し見てみましょう。

FXトレードの哲学
トレーダーとして成功するために、目標設定についての理解が要となるFXトレード哲学を踏襲しましょう。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント