トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

日本のFXトレーダーについて

違う国にいると、違う時間帯に取引しなければなりません。FXマーケットの「性質」も時間帯によってかわります。

時間帯が変わると、マーケットのリクイディティやスプレッドも変わります

取引しているペアによって最適な取引時間も変わります

確かにFXマーケットには24時間取引可能ですが、通貨ペアによって高いリクイディティの時間帯と低いリクイディティの時間帯があります。リクイディティが高ければ高いほど、スプレッド(手数料)が低くなります。そしてブレークアウットの可能性も高くなります。デイトレーダーたちにとって、なるべく高いリクイディティの時間帯に取引したほうがいいでしょう。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

この前、100人の日本人FXトレーダーにアンケート実施しました。その結果の中から「日本人は東京証券取引所の時間よりニューヨーク取引所の時間に取引している」ことがわかりました。平均として、夜の10から夜の12時までの時間帯はもっとも一般的な取引時間です。 

アジアのFX通貨ペアだったら、日本とロンドンの時間が最適です

ドル/円や豪ドルなどの通貨を取引している場合、ニューヨーク時間より日本時間とロンドン時間がいいと思います。もちろん、FXマーケットにはオフィシャルなボリューム数字がないため、個人的な観察からしか結論出せません。数年間のトレーディング経験からみると、日本とオーストラリア時間が重なった時一番ボリューム高いと思います。その次に日本とイギリス時間が重なった時です。つまり円や豪ドルなどを取引しているなら、日本時間朝の9時から昼間12時、そして昼間3時から夕方5時が最適です。

あと一つ注意しなければならないことは経済指標などの発表です。ほとんどの経済指標はニューヨーク時間に発表されるため、なるべくデイトレのポシションをオーバーナイトマーケットに持ち込まない方がいいでしょう。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

ユーロなどの通貨ペアだったら、ロンドンとニューヨーク時間が一番です

よくチャートを観察してみると、ユーロなどのペアはアジア時間帯にほとんどフラットな状態にあります。ほとんど100%のブレークアウットはニューヨークやロンドン時間に起きます。

もちろんユーロやポンドなどの通貨を日本からデイトレしたい場合、ロンドンとニューヨークの時間が重なるとき(日本時間夜8時から12時)が一番ですが、一部のトレーダーにとってスケジュール上難しいため、ロンドン時間朝(日本時間昼間3時から夜7時まで)に取引してもいいでしょう。

そして30分や1時間足チャート使う場合、日本時間3時から新しいチャートにした方だいいと思います。なぜなら違う時間帯に違う「センチメント」があるからです。例えば、ユーロなどの通貨ペアはアジア時間にほとんど横向きで、ロンドン時間朝に30〜90ピップス動きますが、ニューヨーク時間朝に50〜120ピップスのレンジ動きます。

関連記事

日本人のFXトレーダーについて
100人の日本人FXトレーダーにインタビューし、実際の日本のFX事情を調べました。

FXトレーディング上達なるためには
FX取引には特別なスキールセットが必要です。他の職業と違って、自分の意志ですべてを決めなければなりません。
ですので、初心者にとって少しオーバーかもしれません。

FX取引経験者へのヒント
FXトレーダーとして経験を積んだら、下記のシンプルかつ重要なヒントを活用して次のレベルに進みましょう。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント