トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXトレーディング依存症

FX取引ほどメンタルスキールが課される職業多分ほかにないでしょう。トレーディング上達なるために数多くのメンタルスキール身につける必要があります。

FX市場にてオーバートレードは依存症の証拠です

オーバートレードとは何ですか?一体どのぐらいトレードすればオーバートレードのカテゴリに入るんですか?

オーバートレードというのは必要以上にトレードすることです。FXトレーディングを職業として見るでなく、他人に自分のいいとこを見せるために使うことです。これは一時的に自分のことをかっこ良く感じるんですが、その後に金銭的な代価を払わなければなりません。トレーダーとしてマーケットから儲けることが仕事です、格好いいところ見せることではありません。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

しかし「必要以上」を定義する必要があります。それは個人が取引しているタイムフレームによって変わります。例えば、デイトレーダーの場合、一日5以上のトレードすればオーバートレードのカテゴリに入ります。

目安として、以下を参考してください:

スキャルパーは一日10〜20トレードが普通です。

デイトレーダーは1〜3トレードが最適です。

短期やスイングトレーダーはもう少し少なくて、一ヶ月ごとに1〜3トレードがいいでしょう。長期投資家の場合、一ヶ月に1回以上に取引すれば、オーバートレードに入ります。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

しかし、FXトレーディング依存症どうやって解決できますか

一番早い解決方法は一日あたりのトレード数を制限することです。ダイエットと同じく、必要以上な量を取らないことは大事です。しかし何かを「しない」のは常に何かを「する」より難しいと思います。大半のトレーダーはパソコンの前に座っててついついマウスをクリックしっちゃいます。それを防ぐために、前もってルールを決める必要があります。先ほど紹介した数字のように、デイトレしている場合、一日マックス3個のトレードとります。長期投資の場合一ヶ月一回しか取引しません。

その他にも、情報の取り入れを制限する事もできます。例えば、新聞やニュースなどを読まないとか、トレーディングの最中にCNNや日経などのウェブサイト見ないとか、いろいろの方法があります。情報処理するたび、エネルギーが消費されます。エネルギーが低くなると、正しい判断できません。一般的に言えば、トレーダーが疲れたときに、よくトレードを避ける傾向があります。その結果として、良いトレードミスしたり、負けポシションカバーしなかったりします。

そして、取引しているタイムフレーム調節することもできます。例えば今デイトレしているなら、短期トレーディングに映します。長期投資しているなら、取引するマーケットの数を減らします。そして、デイトレーダーとして、参加するマーケットの数を一つや二つに制限した方がいいと思います。個人的な観察によると、トレーダーは同時に三つ以上のマーケットからの情報を処理することができません。ですので、六つのスクリーンなどはいりませんです。

関連記事

マネーロンダリング防止
DynamicTradeは信頼の置けるFXプラットフォームです。
弊社のマネーロンダリング防止方針をご一読いただければ、なぜ弊社でのオンライン取引が安全かがご理解いただけます

資金管理のヒント
資金管理はFXトレードのみならず、自身のパーソナルファイナンスでも重要となります。

利用規約
弊社の利用規約を読むことで許諾された内容もしくは非許諾の内容を理解し、次のステップへ進みましょう。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント