トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ポンドドルFXペアと不確定要素 - 27.06.2014

FX取引始めたとき、よく「相場で稼ごうとするのはアホだ。猿何億匹もあれば、中の一匹は一冊の本書けるでしょう。」では、一冊の本作り上げるため、何匹の猿が必要ですか?そして、世界中に勝ちつつけてるトレーダーは何人いますか?

FX 市場 を100%に予想することは不可能ですが、確率ならある程度予想できます。

未来のことについて誰も100%の確信もって言えません、とくにFXマーケットのような不確定要素が多い領域に。でも、「何が起こりうる」ならある程度予想できます。

現在のポンドドル市場も同じです。次の展開を完璧に予想することはできません。しかし、幾つか起こりうるシナリオなら予想できます。

では、早速ポンドドルの月間チャートから始めましょう。

 

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

今までの展開を分析すると、以下の結論が付けられます。ポンドドルは今上昇トレンドにあります。そして、そのトレンドは徐々に弱まっています。FX市場なので実際なボリューム(成約数)公表されていませんが、チャートからみればわかります。1.5000台から1.6000台までの動きと違って、1.6000台から1.7000までの動きは明らかに鈍いです、そして、短い陽線の数も多くなりました。ロウソクの間にも重なりが多くなってきました。

しかし、これらの起きごとは事前に予想できます。なぜなら大事なレシスタンスレベルである1.7000は目の前にあるからです。ポンドドル市場はこの数年間1.4000から1.7000のレンジで取引されました。多分多くのトレーダーもう1.7000レシスタンスレベルに気付き、それを備えて売りポシションを削っているでしょう。

今までの説明したのは今まで起きたことです。次に何が起こりうるか見てみましょう。

FXマーケットのトレンドは何種類にも分けられます。ここは今にポンドドルにある二種類をみましょう。

では、ポンドドル市場の週間ロウソクチャートに移しましょう。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

わかりやすいため、チャートに「良い推移」と「弱い推移」をマークしました。その主な違いは推移の幅にあります。基本的に推移する幅が狭ければ狭いほどそのトレンドは弱いです。見た通り、ポンドドル市場は1.7000台のレシスタンスレベルに近くとともに動く幅も狭くなってきました。それは先ほどいったように多分いままで買ってた買い手たちがポシションをカバーしょた証拠です。

  1. で三つのシナリオが考えられます。

一つ目は1.7000台に横向きの状態に入ることです。この場合、すこし1.7000からブレイクアウトしたあと再び1.7000レシスタンスの下に戻る可能性が高いです。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント