トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ポンド円FX市場デイトレード戦略 - 01.08.2014

なぜなら実際のFXマーケットやFXトレードはテキスト通りにうまく行くことは珍しいからです。現実には完璧なリバーサルやブレイクアウトなどはほとんどないです。

論理だけでなく、FX取引勉強するため一番早い方法は実際のチャート使うことです。

今日は少し違う形でデイリー予報を紹介します。FXトレーダーの多くはデイトレードしているため、長期チャートを見る機会は少ないと思います。基本的には短期チャートの動きは長期よりランダムなので、それらのトレードの売買シグナルやチャートのパターンを認識するのも難しくなります。ここでは日足チャートと1時間チャート使っていくつか頻繁に使えるチャートのパターンと戦略を紹介したいと思います。

ポンド円市場日足チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

まずはポンド円市場の日足ロウソクチャートから見てみましょう。

FXマーケットのチャートを見るたびに必ず最初に分析しなければならないポイントが二つあります。一つ目はトレンド行き先、もしくはマーケットのセンチメントです。複雑なテクニックやシステムは必要ありません。チャートのトレンドラインやその角度などをみればすぐにわかります。そして経験を積めば積むほどやりやすくなります。ここのポンド円市場の場合、そのセンチメントはトレンドレス、つまりトレンドしてない状態にあることです。こういったトレンドレスのマーケットはよく初心者損きりさせられたため今日はこのチャートを使って対応策を立てましょう。

トレンドレスのマーケットをトレードしているときホームランを狙っては行けません。恐らくターゲットに着くまですでにストップアウトされるでしょう。こういったマーケットにはトレードのロケーションがより一層大事になります。良いロケーション獲得するためにはまずサポートとレシスタンスを探す必要があります。

FXマーケットのサポートとレシスタンスは目印です。

では次にポンド円市場の1時間ロウソクチャートに移りましょう。

ポンド円市場1時間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

1時間チャートはなぜかもっとも多くのFXトレーダーに使われています。そのため、よく1時間チャートで良いサポートとレシスタンスレベル見つかれます。ここでは173.80と173.60がサポートとなります。見た通り二つミニ下がりトレンドありました。先ほど言ったようにチャート見るとき大事な二つ目のポイントはサポートとレシスタンス探すことです。これができればポンド円のトレンドも乗れるでしょう。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント