トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ポンド円FX市場長期トレンド - 27.08.2014

サポートが足りないマーケットが転落するとき、激しい推移が期待できます。とはいえ、今すぐにショートするわけではありません。

ポンド円市場の上がりトレンドにはサポートが足りないです。

ポンド円FX市場チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

長期チャートからみると、ポンド円FX市場はまだまだ上がりトレンドの最中です。170.00台の天井もあんまり強くとは思えません。もし、こういった平たい天井でなければ、リバースする可能性が高いでしょう。しかし、いまの天井をみれば、ショートに不利だと思います。

ポンド円FX市場はメジャーなFXマーケットの中でもっとも動きが激しいペアで、トレンドする確率もほかのペアより高いです。普段のFXペアだと、20%ぐらいの確率でトレンドしますが、ポンド円の場合だと30%ぐらいの確率でトレンドします。そして、よくみてみれば、ポンド円のレンジがほかのペアもより大きいです。そのため、一見大きなトレンドでも、実際には「始まり」に過ぎないかもしれません。

とはいえ、ポンド円の動きはほかのFXマーケットの動きによります。とくにポンドドルとド円のFXペアはポンド円市場に大きな影響を与えています。最近ポンドドル市場すこし値下がりしたので、それがポンド円の横向きに繋がると思います。

ポンド円市場のような狭いレンジは大きなブレイクアウトにつながります。

ポンド円FX市場短期チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

ポンド円FX市場は過去今年入ってからずっと165.00から175.00までの狭いレンジで動きました。こういった狭いレンジが長く続ければ続くほど、次におきるトレンドやブレイクアウトは激しくなります。そのため、長期投資家だけでなく、デイトレーダーたちも要注意です。とくに175.00台のレシスタンスと165.00台のサポートでトレードするとき、いつもより慎重なリスク管理をしましょう。

いまのチャートからみると、まだまだ次のトレンドを予想することができませんが、175.00のレシスタンスが強くないため、突き抜けられる確率は高いです。そのため、175.00でのショートを避けましょう。もしユーロドルやポンドドルなどのFXペアがこれから下がりトレンドに入るとしたら、ポンド円市場も値下がりするでしょう。そして最後のポンド円市場の動きは激しいため、トレードするときいつもより広いストップロスを使った方がいいでしょう。リスク減らすため、いつもより小さなロットでトレードしましょう。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント