トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ドイツDAX平均株価長期分析 - 14.07.2014

とくにデイトレーダーたちはよく日足チャートや30分チャートに集中し過ぎて、長期トレンド忘れてしまいます。そのため、チャート分析するとき必ず長期チャートから始めましょう。

株トレードするときトレンド逆らうより乗るほうが楽です。

まずドイツDAX平均株価市場の月間ロウソク足チャートから見てみましょう。

ドイツDAX月間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

チャートに書かれてないが、今もっともトレーダーたちに注目されるのは9,700台ではなく、10,000台のレシスタンスです。恐らく10,000台は肝心なレシスタンスレベルになるでしょう。普段の場合、こういった整数はよくリバーサルのポイントになります。とはいえ、ドイツDAXのような長期トレンドは急にリバースすることはありません。リバースするとき多分ゆっくりフラット状態に入ってからするでしょう。

ですので、ここで慌てて長期ショートのポシションを立てる必要がありません。ショートなら、時間たっぷりあります。少なくともマーケットのトレンドラインが平たくなってからしても遅くはありません。

ロングの場合すこし時間に限られていると思います。もしいま手持ちのロングがあればすこし利益を確定したほうがいいでしょう。もしくはオプションマーケットでプットでヘッジしましょう。できればここで新しい長期ロングを避けましょう。リスクは高すぎます。それに対してロングのリターンはレシスタンスがあるため、そこまで良くはありません。

ドイツDAX市場の上昇トレンドはまだ終わってないです。

ドイツDAX週間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

次はドイツDAXの週間ロウソクチャート見てみましょう。

週間チャートみるときもっとも注目すべきなのは9,750台の天井です。こういった平たい天井は「未完成」です。言い換えればマーケットがこれからそに天井より上回る確率は極めて高いです。その反対に「完成した」天井はもっとピラミッドに近いです。そして、よく平均値より高いボリューム(成約数)が見られます。

デイトレーダーならほかの時間軸のトレーダーと比べたらより柔軟的に対応できますが、長期トレーダーだとロングを避けたいですね。ここで使えるサポートレシスタンスは9,000台のサポートと9,730台のサポートと10,000台のレシスタンスです。スイングトレーダーやデイトレーダーとしてロングするなら、9,000台がいいレベルでしょう。ショートはまだまだいいレベルが見当たりません。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント