トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

通貨オプションの初心者ガイド

ストックオプションが良く知られたタイプのオプションですが、FXマーケットでのオプション取引にもすごいチャンスが多くあります。

「オプション」と聞いてほとんどの人が思い浮かべるのは、株式市場でしょう。しかし、FXマーケットでも多くの通貨オプション取引のチャンスがあります。通貨オプションはリスクが限定されたシンプルな取引で収益チャンスを多く提供するものです。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

FXオプションの種類

FXにおけるオプション取引には2種類あります。最も一般的なものは株式オプションと類似した機能を持つ従来のオプション取引です。もう一つは、スポットオプション、または単一決済オプショントレードというもので、より柔軟性が高くなっています。

従来オプションとスポットオプション

オプション取引は、オプションの売り手からあらかじめ決められた将来の一定期日内で、権利行使価格で買う権利(オプション)のことを言います。例えば、ユーロ/米ドルを2ロット、1.3000で1か月後に行使するオプションを買いたいとします。もし1か月後の価格が1.3000であれば、買い手はプレミアム分だけの損失となります。

スポット取引では、プレミアムクォートを入手してから価格の方向性予測が正しければペイアウトを受け取ります(権利行使)。原則的に、スポットでは取引が成功しているときにはオプションが自動的にキャッシュに現金化されます。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

オプション取引のメリット

オプション取引のメリットをいくつか記載します。

•   リスクはオプションプレミアム(価格)分のみに限定される

•   収益の可能性は無限大

•   満期の期日と価格を設定する

•   前もって払う金額は少額

•   リスクを限定するために他のオプションのヘッジとして利用できる

•   多額の資本のリスクをとらずにマーケットの動きを予測する取引に利用できる

スポット取引によるオプションでは以下のような選択肢があります。

•   ワンタッチ注文のスポット:価格が特定のレベルに達したらペイアウトを受け取る

•   スタンダードオプション

•   ノータッチ注文のスポット:価格が特定のレベルに達していなかったらペイアウトを受け取る

•   ダブルワンタッチ注文のスポット:価格が2つのレベルのどちらかに達したらペイアウトを受け取る

•   デジタルオプションのスポット:価格が特定のレベルに達していないか、それ以上である場合はペイアウトを受け取る

•   ダブルノータッチ注文のスポット:価格が2つのレベルのどちらにも達していなければペイアウトを受け取る

オプション取引のデメリット

オプション取引には多くのメリットがありますが、デメリットもいくつかあります。

•   スポットオプションは売却できません。いったんオプションを購入したら気が変わってもオプションを売ることはできません。

•   プレミアム(オプション価格)はオプションの日付や行使価格によって変わるほか、利回りも変わります。

•   予想に反する場合もあります。

•   マーケットに動きがある時期には正確な価格と期間を予測するのは難しい場合もあります。

関連記事

ストックオプション取引の基本
ストックオプションは、その汎用性から多様な場面で利用することができます。

高金利のFX通貨ペアで稼ぎます
日本の金利はほとんどずっと0%でしたが、海外の通貨使えばなんと10.00%以上ももらえるところがあります。
ここで一般なFXトレーディング戦略でなく、今人気上昇中の金利トレードを紹介します。

FXとFXバイナリオプションの違い
FXとFXバイナリオプションはどちらも通貨ペアの価値をベースにしていますが、大きな違いがあります。 

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント