トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

グローバル大豆ブームで大豆先物は値上がりできるか? - 25.07.2014

ファンダメンタルズとテクニカル分析の結果に矛盾が出るとき、どっちを選べばいいでしょうか。そして、大豆の展開にどう対応すればいいでしょうか。

テクニカル的には、大豆先物チャートは下がりトレンドです。

大豆先物月間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

まず大豆市場の月間ロウソク足チャートから見てみましょう。

ファンダメンタルズとテクニカル分析はよくトレーダーた投資家たちの間に議論になりましたが、どっちが優れたアナリシス方法か今だにも結論はありません。個人的な経験では、ファンダメンタルズは長期予想に向いていますが、短期トレーディングには向いていません。ファンダメンタルズのトレンドや消費者の傾向変更などの要素が先物マーケットに映すまでに時間がかかり過ぎます。そして、ほとんどすべての先物トレーダーたちは短期トレーダーなので、ファンダメンタルズ分析の結果を無視しても良いと思います。

テクニカル的には、大豆先物は下がりトレンドです。そのため、長期ポジションとスイングポジションをこの方向に合わせます。一番近いサポートは1,200台のサポートです。その次は1,000台です。一般的には1,200のようなサポートレベルはいいロングのロケーションですが、今の大豆が下がりトレンドなので、違う対応をします。

今の大豆市場はプルバックする可能性が高いです。

次に、大豆先物の週間ロウソクチャートに移りましょう。

大豆先物週間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

下がりトレンドとはいえ、過去2ヶ月間に大豆は結構値下がりました。1,500から1,200まで、20%以上の値下がりでした。そして、過去4週間のロウソクをみれば、大きな陰線が見られ真す。しかも、ギャップの後に2本大きな陰線がありました。恐らく今の大豆市場はオーバーソルドの状態にあるでしょう。オーバーソルドというのはトレーダーたちが慌てて売り過ぎるということです。普通的には、次の展開がプルバックの確率が高いです。とくに先ほど月間チャートで見たように、大豆は今1,200のサポートにあります。そのため、ここで利益を確定するロングも多いでしょう。

対策として、ここでロングの利益を確定すべきです。ショートはまだまだ早いです。新しいロングについては、まだ結論付けられまでん。長期的には下がりトレンドなので、ロングに不利です。しかし、ここでプルバックする確率が高いため、ロングしても良いでしょう。ただし、ロングするとき、上昇トレンドを期待するよりも、プルバックを期待し、ターゲットをより近くのレベルにセットしましょう。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント