トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

オンライン取引ができる前における金の歴史

貴金属である金の歴史において、金のオンライン取引は比較的新しい出来事です。金の取引は、通貨取引、株取引、そして今日の金融市場で行われているその他の取引が始まるはるか以前から行われてきました。

貴金属である金の歴史において、金のオンライン取引は比較的新しい出来事です。金の取引は、通貨取引、株取引、そして今日の金融市場で行われているその他の取引が始まるはるか以前から行われてきました。金の発見以来、採鉱の困難さやその希少さから、金は常に投資の対象でした。金は多くの政治的勢力をも生み出しました。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

オンライン取引の幕開以前

1946年の第二次世界大戦終了後、ブレトンウッズ会議で金1オンスの価格は$35と決まり、米ドルを世界の基軸通貨として金本位制が導入されました。すなわち、外国為替における米ドルの価値を後ろ盾するのに金が使用されたのです。金の価格が固定されたため、金を取引する意味が無くなりました。1971年にアメリカ合衆国がブレトンウッズ体制の破棄を宣言し、金の取引が可能になりました。この方針転換は、1974年にアメリカ合衆国が市民に金を所有することを許可することで完結しました。

金本位制が破棄されてから、金の価格は破格に跳ね上がり、およそ2,220%にも上昇しました。1980年代に、金の価格は1オンス$800まで上がりましたが、この反騰後、19年続いた下げ相場で1オンス$260に下がりました。しかし、オンラインFX市場やその他の金融市場と同様に、金市場も循環変動し、その後、1オンス$1600の高値をつけています。

 

キャッシュバック実施中DynamicTrade

 

現在の金市場

現在の金市場は、オンライン取引のおかげで様相が変わってきています。1980年代には、どの金融市場もコンピュータや技術革新の影響を受けましたが、金も同様です。今日では、世界中のブローカーやトレーダーが通貨、商品、インデックス、株式などを取引することができます。金の価値は1オンスいくら(米ドル)という形であらわされていますが、これはすなわち、特定の米ドル価格で金を売買できるということです。金を投資手段として利用する方法を学ぶことは極めて重要で、FXトレーダーとしてのスキルを拡大するのに役立つでしょう。

金の価格を正確に予測することは不可能ですが、確かなことがあります。現在の金市場は不安定だということが重要なポイントです。不安定さは必ずしも悪いことではなく、金トレーダーは、ショートポジションやロングポジションの買い持ちを駆使し、金の変動から利益を得ることができるのです。勝ちへの秘訣は、不安定さの中にトレンドを見い出すことです。

関連記事

金市場下がりトレンド分析
金などの貴金属市場は政府機構からの介入も少ないため独自なペースで動いていることが多いです。通貨市場の場合、推移があんまりにも激しすぎると政府からの介入は免れません。では、介入がないということはマーケットが一直線進むことでしょうか。

CFDのオンライン取引ガイド
CFD(差金決済取引)は売り手が買い手に、過去と現在の資産価値の差を支払うという売り手と買い手の契約です。

FX市場価格が決定される仕組み
市場価格はサービスや商品がオファーされる価格のことです。FX取引では、市場価格とは通貨ペアの価格のことを指します。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント