トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXマーケットのヘッジについて

通貨市場のリスクを減らすには自分のポフォーリオのポシションを減らすかヘッジかしかないでしょう。ヘッジといっても、いろいろな手法があります。

オプションマーケットでFXポシションをヘッジできます

まずはオプションマーケットでヘッジの仕方を見たいと思います。オプションマーケットに自分の通貨の買いや売りポシションに対して、ヘッジを行えます。一般的に言うと、アメリカシカゴのCME市場でオプションを購入するのは普通です。日本の業者だと、一部はそういった海外マーケットへのアクセスを提供していますが、一部はそういったサービス提供していません。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

ヘッジの具体例を出すと、例えばただいま私ユーロ/ドルマーケットでユーロを100,000の契約1.3000で一つ買いました。ターゲットは1.3500です。しかしストップよりも、オプションマーケットで「プット」買いました。プットがあれば、マーケットが値下がりとともに、プット契約の価値が上がります。つまり一種のストップオーダーです。しかしオプションには「グリーク」というような値があります。例えばベーガやテータやデルタなどです。それぞれのグリークは一つのマーケットの要素を反映し、そのオプションの価値を影響与えます。説明するには多分本一冊かけますので、ここで省略させていただきます。

そしてオプションには締め切り日があります。つまり一定な時間立つと無効になります。しかしオプションはストップより一つ大きなメリットがあります。特に低いリクイディティのマーケットにごくまれにボリューム数が少ないためオーダーが成立しない場合もあります。オプションなら、そういった心配がありません。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

他の通貨マーケットでヘッジできます

オプション以外、一つの通貨ペアのポシションにたいして、他のマーケットでヘッジすることもできます。例えばただいまポンド/ドルで売りポシションを立てました。しかし現在のポフォーリオの中にカナダドル/アメリカンドルの売りポシションもあります。二つのポシションを組み合わせればアメリカンドルのリスクが二倍になります。それを減らすために、ドル/円を売ります。

特にプロのファンドマネージャーの間には「ドルヘッジ」を行うことよくあります。つまりクラインのアメリカにある資産を保護するため、アメリカンドルのポシションをゼロにすることです。そのため、ポフォーリオ全体のドルポシションを他の通貨ペア、もしくはドルインデックス先物でヘッジ行います。

一般な通貨ペアなら伝統的なストップオーダーが一番です

あんまり複雑する必要なく、円/ドル、ユーロ/ドルなどのマーケットについては一般的なストップオーダーが一番だと思います。もちろんオプションやクロスマーケットヘッジなども使えます。

関連記事

ストックオプション取引の基本
ストックオプションは、その汎用性から多様な場面で利用することができます。

外国為替のリスクを理解し効果的に管理する
FXマーケットにおいてはどのトレードにも内在的リスクが存在しますが、そのリスクを評価管理する方法は多くあります。

FXのリスク分散
他の取引と同様にFX取引でも、リスクを最小限に抑えて利益を最大化するために重要な要素となるのがリスク分散です。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント