トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

イギリススターリングポンドの歴史

イギリスポンドの歴史は大英帝国の歴史やEU加盟後の独自通貨維持といった経緯をなぞっています。

イギリススターリングポンドの歴史

通貨取引は数兆ドル規模の経済活動であり、最も重要な要素の一つは、イギリスの公式通貨であるイギリスポンドです。

スターリングポンドは、世界の25パーセント以上を制覇した大英帝国の台頭と同様に膨大な歴史を担う、世界で最も素晴らしい通貨の一つです。帝国の広がりとともに、ポンドは正式な貨幣となりました。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

今日ではイギリスはもはや帝国ではありませんが、依然として世界で最も偉大な国家であり、経済大国でもあります。イギリスの首都ロンドンは現在もなお、世界金融の中心地です。イギリス経済の健全性がイギリスポンドの他通貨に対する価値に直接影響を及ぼすわけですから、FXトレードにおいて上記の点は重要なファクターです。

スターリングポンド(記号は£)は、FXマーケットで一国の通貨として4番目に取引量の多い通貨です。自国通貨の名称がポンドという国も他にありますが、別の通貨です。

イギリス初期のサクソン系王国では、スターリングと呼ばれる銀貨が使用されていました。大量の銀貨を「パウンドものスターリング」と呼んでいたことから派生して「スターリングポンド」という言葉が生まれたといわれています。1971年まで1ポンドは16シリングでした。現在の10進法制通貨では、1ポンドは100ペンスです。


キャッシュバック実施中DynamicTrade

16~18世紀にかけて、イングランド銀行の権威に裏打ちされたイギリスポンドは世界で最も強い通貨でした。ポンドは安定していることから戦争における資金としても機能し、ヨーロッパのライバルのほとんどを征服するに至ったのでした。

しかし第二次世界大戦終了後、イギリスポンドの価値は他の通貨価値と共に米ドル相場に固定され、米ドルは金に兌換された世界の基軸通貨としての金本位制が導入されました。

1971年にドルの金兌換が停止されました。後のユーロ台頭とあいまって、FX市場が成熟したといえます。スターリングポンドなどの真の通貨取引が実現されたのです。ユーロの導入がりFX取引市場の成熟をもたらしましたが、イギリスはユーロに自国経済を組み込みませんでした。

世界通貨のほとんどがアメリカドルとの為替レート固定を実施しなくなったため、外国為替取引は人気となり、現在では世界最大の市場に成長したのです。トレーディングプラットフォームにより、だれでもFXトレードへ参加可能になりました。FXは世界経済のけん引力となっています。

関連記事

スコットランド独立投票とポンドドル市場予想
今月14日にスコットランドがイギリスから独立できるかどうか市民の意見徴収を行います。
もしスコットランドがイギリスから独立したら、ポンドドル市場やほかのメジャーなFXマーケットにどんな影響与えるか見てみましょう。

ユーロの歴史
ユーロの歴史は外国為替市場の発達抜きには語れません。

アメリカドルの歴史
アメリカドルの歴史はアメリカの歴史と密接に関連しています。

日本人のFX事情 CFDのオンライン取引ガイド


リスクフリーアカウント