トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

通貨とFXの仕組み

通貨は現代生活には必要不可欠であり、FXマーケットを理解するにはまず通貨の仕組みを理解することが大切です。

クレジットカード・紙幣のどちらを使用するにしても、毎日行われる取引のほとんどは通貨を介するものです。支払の選択方式を見ながら、通貨の重要性をおさらいしましょう。例えば、稼業が洋裁である場合に生計を立てる必要があるとします。購入したいお米と引き換えに、仕立てたシャツをオファーしました。残念ながら、お米屋さんは新しいシャツは不要だと言います。お米を得るためには、新しいシャツを必要としているお米屋さんを探さなければなりません。どんな商品やサービスも購入できるという通貨の普遍性が、こういった問題を解決します。 

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

通貨の種類

通貨には「価値」が定められていますが、その価値はどのように決められるのでしょうか。初期の硬貨は貴金属で作られていたため、その硬貨自体に内在的価値がありましたが、現代の通貨では同様のことは言えません。なぜ現代の通貨に価値があるのかは2つの理由によります。まず、紙幣や硬貨は「代表貨幣」と呼ばれ、特定量の商品と引き換えることができます。しかし、世界の主な通貨のほとんどは、商品やサービスの対価としてお金が通用するという信用によってその価値が実現されています。 


Investing.comInvesting.com 日本 によって機能された為替レート表。

為替レートについて

外国為替レートはこの世界やFXトレードにおいて重要な役割を担っています。世界経済では企業ビジネスその他の機関が外国為替を取得し本質的に通貨トレードの参加が必要となるシーンが多くあります。外国為替レートには固定相場制と変動相場制の2種類あり、固定相場制では、その通貨が流通する国が主要通貨である米ドルやユーロとの価値に基づいて外為レートを設定します。固定外為レートを維持するため、中央銀行が通貨を売買します。その国の通貨価値を安定させるのがこのタイプの為替相場制が目的で、特に、その国の金融市場が他の世界中の金融市場と比べて高度化されていない場合に採用されます。

もう一つの相場制は変動相場制と呼ばれ、国が特定の通貨に対し固定レートを採用するのではなく、市場が通貨価値を決定するのです。アメリカや日本を始め、主要経済では変動相場制となっています。こういったシステムでは、需要と供給の法則が通貨の価値を決定します。すなわち、需要が高まると通貨が強くなり、価格が上がる一方、通貨の供給により通貨価値が下がるのです。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

オンラインFX市場の理解
トレーダーが多くの通貨を売買・投資・交換できるのがFX市場であり、多くの異なるトレーダーや会社が関わっています。

外国為替レート
外国為替レートは一定の通貨を別の通貨と交換するためのレート(交換比率)で、通貨取引の基礎となるものです

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント