トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXブローカーとは?

FXブローカーとは、トレーダーがFX取引を行えるようにするための自動ソフトプラットフォームまたは、会社を指します。

FXブローカーとは、トレーダーがFX取引を行えるようにするための自動ソフトプラットフォームまたは、会社を指します。FXブローカーはオンライン取引を実行できるようにするための様々なプラットフォームを提供するでしょう。顧客が公正だと判断するような営業を行うことにより、オンライン取引の世界で個々の位置を確立し、生き残ってきました。一般的にそういった営業を行っていない業者は、顧客をすぐ失ってしまうため存在することができなくなっています。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

FXブローカーの種類

小売取引を可能にするブローカーは、主に2種類あります。マーケットメーカーと呼ばれる値付け業者である証券会社と電子証券取引ネットワーク(ECN)です。ECNは通常、より独占排他的で、トレーダーが取引を始めるには高額の預け入れが必要となることがあります。しかし、FX市場へのより直接的なアクセスを提供すると信じられており、これにはメリットとデメリットの双方があります。一方で、マーケットメーカーは取引に関わるカウンターパーティーであり、利益の相反が創出される場合があります。ECNは取引の結果に関わらず取引に対して直接手数料を徴収することで利益を得ています。この手数料はECNがトレーダーの損失に対してインセンティブを持たないことから、中立的であると考えられています。

一方で、ECNは実際のところ、取引が成功した方がより多くの収益を得るという考え方もあります。トレーダーがそのブローカーを使い続ければ、ECNはより長期にわたって手数料を回収できるからです。前述の様に、マーケットメーカーは投資家の取引におけるカウンターパーティーであるため、投資家が損失を出したときに、より稼ぎを得る立場にあります。これにより倫理上問題のある営業につながる場合があり得ますが、すべてのブローカーがそうというわけではありません。マーケットメーカーにはいくつかの利点もあり、ECNより費用がかからないという事実もその1つです。一般的に、マーケットメーカーはことさら客に損をさせようとはしているわけではないのですが、グループ逆指値の恩恵を受けるのです。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

その他のタイプのFXブローカー

一部のFXブローカーには、各オーダーを分析し、一番利得を産み出すオーダーを行おうとするアルゴリズムによってオーダーを出すため、ECNやマーケットメーカーのどちらの分類にも該当しないものがあります。このようなブローカーはトレーダーの注文同士にオフセットを設け、自家市場を作るのです。カウンターパーティーとして動いたり、外部のカウンターパーティーを介してヘッジ取引を伴うポジションを相殺したりします。

関連記事

FXブローカーの選び方
ご自分に合ったオンラインFXブローカーを選ぶ際に気を付けるべきポイントがいくつかあります

オンラインFX取引プラットフォーム
FX取引で選択可能なプラットフォーム:PROfit、Web版PROfitに加えてモバイルアプリもご用意。お好みに合わせてお選びいただけます。

株式のオンライン取引
株式市場は、通常、収益を上げることを目的としてトレーダーが株式の売買を行うマーケットです。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント