トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXのBid-Askスプレッド(価格スプレッド)とは

スプレッドとはFXトレードの重要概念ですので取引の際にはスプレッドについて良く理解することが大切です。

Bid-Ask(ビッド・アスク)スプレッドは価格スプレッド、または単にスプレッドとも呼ばれ、通貨ペアその他の資産の買値と売値の差額のことを言います。買い手が支払う金額と売り手が受け入れる価格の差を示しています。FXトレードでは、売り手がビッド(売値)を受け入れ、買い手がアスク(買値)を受け入れた時に、取引が成立します。通貨取引において、スプレッドはブローカーに対してトレーダーが必ず支払わなくてはならないコストとして非常に重要です。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

考慮するべき点

スプレッドに関する留意点は次の通りです。

•   スプレッドは通貨の需要と供給および流動性に基づいています。需要と供給に大きなアンバランスが無い限り、取引が活発な、すなわち流動性の高い通貨のスプレッドは一般的に最も狭くなります。流動性が低かったり、アンバランスがあったりすると、スプレッドは大きくなります。

•   スプレッドの本質は取引コストです。取引を実行するためにブローカーに支払うお金です。初心者には自明ではないかもしれませんが、このコストを意識しておく必要があります。頻繁に取引しないトレーダーにとって、スプレッドは取るに足らないものかもしれませんが、毎日いくつものトレードを行う場合はコストが膨らみます。

•   マーケットの急降下時、スプレッドは大きくなります。これは、買い手は資産価格が下がるまで購入を急がない一方、売り手は売り急ごうとすることによる需要と供給のアンバランスによるものです。ボラティリティが高い時期には増加するブローカーのリスクを抑えるため、結果的にスプレッドが広がります。また、この時期に取引量が高ければリスクが上昇するため、ブローカーにとって不利な展開にならないよう、トレーダーの取引を抑制しようとします。


キャッシュバック実施中DynamicTrade

スプレッドの事例

株価が現在$9.95/$10で取引されているとします。アスク(買値)は10ドルで、ビッド(売値)は9.95ドルですからスプレッドは0.05ドルです。スプレッドは0.5%ということになります。10ドルで株を買った人が9.95ドルで売れば、0.5%のスプレッドの分だけ損することになります。もし100株を売買する場合、損失は5ドルですが、1万株の売買では500ドルの損になります。損失の割合は全く同じですが、損失額は購入した株数によります。

関連記事

ギャップを使ったFXトレード
機転の利く投資家は価格が飛んで価格の空間地帯の形成をうまく利用します。この空間地帯を「ギャップ(窓)」と呼びます。

各時間帯のFXスプレッドと取引レンジ
よく見かけるのは24時間取引可能などのCMです。しかし時間帯が違えばFXマーケットの性質異なります。
もちろんスプレッドやブレークアウットの可能性も変わっていきます。違う時間帯に違う戦略が必要です。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント