トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXブローカーの選び方

外国為替市場の取引高は、4兆米ドルにも及びます。これは、世界で最大規模の市場です。

集約的な取引形態ではないため、トレーダーは自分のオンライントレードを行うためのFXブローカー(FX会社)を見つけなくてはなりません。
オンラインFX会社を選ぶ際に、ご自分の必要に見合ったブローカーを見つけることができるよう、気を付けるべき特長を押さえておきましょう。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

口座の内容

FX会社はいずれも、次のように、取引を行うために開設する口座に関して異なる要件や仕様を設けています。

•  マージンやレバレッジ:
     レバレッジの設定(例:200倍や50倍)はFX会社によって異なります。レバレッジが高いほど、発生する損益額が大きくなります。

•  スプレッドと取引手数料:
     FX会社はスプレッドと取引手数料で収益を上げています。

•  初期入金:
     ほとんどの場合、FX口座への入金は少額で済みます。レバレッジを使えば少額の入金でも大きな額を取引することができます。
     初期入金の要件は、会社によって様々です。

•  入出金の容易性:
     資金や入出金、銀行取引オプションに関するFX会社の取り決めは様々です。
     通常、出金は電子振込や小切手によって行い、これに手数料を課す会社もあります。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

取引通貨ペア

FX市場で取引が可能な通貨ペアは幅広くありますが、取引が盛んな通貨ペアは限られています。このため、そういった通貨ペアの流動性が最も高く、すべてのFX会社が取り扱っている主要通貨ペアとなります。FX会社が取り扱う多くの通貨ペアの中で、ご自分のご興味がある通貨の通貨ペアを扱っていることが重要となります。

顧客サポート

FX市場は、1日中24時間取引できるため、FX会社のサポートも24時間対応しているところを選択したいものです。対応に関しては、音声などの自動回答システムではなく、実際のオペレーターとすぐ話ができるFX会社かどうかも検討するとよいでしょう。

取引プラットフォーム/取引ツール

取引プラットフォームは、FX市場にアクセスするためのツールですので、使いやすくシンプルな取引プラットフォーム(取引ツール)を用意しているFX会社を選びましょう。さらに、充実した分析ツールや注文など取引の実行を容易くできる取引ツールが望ましいといえます。きちんとした取引ツールであれば、注文ミスなどを防げるように「売り」「買い」ボタンが見やすく配置されているでしょう

関連記事

オンラインFX取引プラットフォーム
FX取引で選択可能なプラットフォーム:PROfit、Web版PROfitに加えてモバイルアプリもご用意。お好みに合わせてお選びいただけます。

FXブローカーとは?
FXブローカーとは、トレーダーがFX取引を行えるようにするための自動ソフトプラットフォームまたは、会社を指します。

株式のオンライン取引
株式市場は、通常、収益を上げることを目的としてトレーダーが株式の売買を行うマーケットです。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント