トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXストップロスを受け入れてうまく使う方法

ストップロスを使いたがらないトレーダーは多くいますが、ストップロスは非常に重要ですので、これを受け入れる方法を習得する必要があります。

FXマーケットに近すぎる値でストップロス注文をかけることはFXトレーダーにとってフラストレーションがたまるものです。ストップロスでは、利食いでも、損切りでも、FX取引でストップロスが実行された後に予想通りの方向に市場が動き続けているとフラストレーションを感じてしまうものです。もっと稼げたか収益になり得た損か、どちらかに該当するわけです。ストップロスをかけずに取引するというのは解決にはなりません。自身の取引アプローチに基づき、できる限り収益を最大化し、損を最小限に抑えるよう、より効果的にストップロスを利用できるようにする、というのがポイントです。 

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

ストップロスは最適最善ではないことを受け入れる

ストップロスを必ず確実に使用するための一番の方法は、ストップロスが最適には成り得ないという事実、そしてストップロスを使わないということは莫大な損失がないように保護してくれるものが大きく損うことだ、ということを受け入れることです。ストップロスの目的はオープントレードをクローズするためだけのものではなく、全知全能のトレーダーは皆無であるという前提で、よく練られた取引戦略の一部として機能させるということにあります。トレードで必ず勝てるかどうかを確実に知る方法なんて無いということを認めれば、ストップロスの結果を受け入れやすくなります。 

ストップロスを収益管理ツールと位置づける

ストップロスをリスク管理ツールと考える代わりに、収益管理ツールであると考えるという手もあります。一般的に、マーケットの注文の流れを識別できるような堅実な取引戦略があれば、その流れが自分サイドのものであればトレードは収益を出します。はじめのうちは、リスク管理をストップロスで担保するなど無意味だ、はじめから無くたっていいのでは、と考えるかも知れませんが、守りの戦略がきちんとあり、ストップロスによるリスク管理が不要であるならば、これは収益管理ツールとなるわけです。 

ストップロスは次に長い時間枠を基準とする

ストップロスをどこに設定するかの決定方法として、自分にとって望ましい時間枠と比べて次に長い時間足を使ってみましょう。ストップロスをより長い時間足で設定することで市場の自然な振れをやり過ごすことができるため、より効果的なストップロスになります。 

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

FXトレードにおけるレバレッジの使用
レバレッジはFXトレードには不可欠です。レバレッジによって少ない資金で大きなポジションを動かすことができます。

FXマーケットにてストップロスの使い方
ストップロスはリスクマネージメントに不可欠なものです、特にFXトレーディングの初心者にとって。
ここでいくつかの使い方を紹介したいと思います。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント