トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ロウソク足チャーティングでFX取引

ラインチャートなどよりロウソク足チャートの方はFXトレーダーの間で人気です。しかし初心者としてどこから始まればわからない人が多いと思いますので、ここで少しチャートの読み方紹介したいと思います。

FXトレーディングするときつねに長期チャートから始めます

デイトレばっかりすると、大局が見えなくなる恐れがあります。そのため、マーケット分析するときにつねにトップダウンのアプローチで

FX初心者の間に特に人気なのはデイトレです。しかし多くの初心者はデイトレするときに30分や1時間や5分ロウソク足チャートしか使いません。それは間違っていました。基本的にマーケットの「タイムフレーム」が短ければ短いほど、マーケットがランダムになります。言い換えれば4時間のチャートよりも5分のチャートのほうがランダムのことです。そのせいで、多くの初心者はそのランダムの動きに取られ勝ちトレード見逃しました。

それを防ぐために、マーケット分析するときにまず見るのは月間チャートです。たとえデイトレーダーでも、最初は月間ロウソク足から見たほうがいいです。月間のあとは週間、そして日足に移ります。このようなアプローチは「トップダウン」アプローチと言います。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

FXチャート使うときに一つの手法に絞るほうがいいです

多分他のトレーダーのオフィス見たらびっくりすると思います。トレーダーの間でよく流行っているのは6つや12個のモニター使うことです。しかし人の脳はそこまで大量な情報取り込まれませんです。基本的に7ビットの情報量しか分析できません。ですので、デイトレするときにたくさんのモニターよりも一つのモニターにした方がいいです。必要があれば大きめのモニターにすればよいでしょう。プロの間によくノートパソコン一つだけでデイトレします。

そしてチャート上になるべくシンプル化にしてください。なぜなら、多くのテクニカル分析ツールは同じ原理で作られましたからです。例えば移動平均線の原理で一目均衡表やボリンジャーバンドなどのテクニカル分析ツールが作られました。ですので、例えば多くのツールをロードしていてもパフォーマンスは変わらないと思います。

一番良い方法は過去自分の取引結果を見てどこが一番良かったとかどこが一番悪かったとか検討することです。そして実験として、一部のテクニカル分析ツールをチャートから外してみて、パフォーマンスにどのような影響与えるのか観察します。もしパフォーマンスは変わらなかったら、そのテクニカル分析ツールをそのまま外しても良いでしょう。

 

キャッシュバック実施中DynamicTrade

FXトレーダーとして自分のルールを守る事が大切です

トレーダーは自分が前もって決めたルールをきちんと守る必要があります。一つのシステムのパフォーマンスを正確に測るにはある程度時間が必要からです。ですので待つことも仕事の内に入ります。

関連記事

FXのテクニカル分析を理解する
テクニカル分析とは、FX取引で使用される分析の一種で、最善の取引に置ける意思決定を判断するための重要なツールです。

アドバンスFXチャーティング:ブレークアウット戦略
マーケット長く観察すればわかると思いますが、FXマーケットには80%の割合で横向きの状態にあります。
残りの20%がブレークアウットです。しかしその20%のブレークアウットは7割以上のリターンへと。。。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント