トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ナスダック平均株価トレンド対策 - 03.07.2014

トレンドラインのような伝統的なテクニカル分析ツールはある程度まだ使えますが、あんまり「テキスト通り」の展開だと、逆に疑うべきです。マーケットにはテキスト通りの展開は珍しいです。

ナスダック平均株価チャートにあんまりサポートレベルがないです。

ナスダック平均株価市場の長期チャートみてみればわかると思いますが、ナスダック平均株価市場はいまほぼ一直線で進んでいます。多くのトレーダーにとってそれはとても取引しやすいですが、プロたxひにとってそれは良くはない展開です。なぜならマーケットがトレンドラインの上に一直線で値上がりするとサポートレベル残さず高値たどり着くことになるからです。サポートレベルがなければ、マーケットが転落するときより激しくなるでしょう。良いトレンドには二つや三つ横向きエリアがあります。まずナスダック週間ロウソク足チャートから見てみましょう。

ナスダック週間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

最も注意すべきなのは4,000台にあるレシスタンスレベルです。3,000や4,000などの整数はよくサポートレシスタンスレベルとして使えます。そしてスイングトレーディングする場合3,750のサポートレベルも使えます。できればここでショートすることを避けましょう。少なともマーケットが確実なリバースのサイン出すまでロングだけでトレードしましょう。

ナスダックデイトレするよりスイングトレーディングのほうがいいです。

ナスダック市場の日足ロウソクチャート見てみましょう。

ナスダック日足チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

先ほど言ったようにナスダック市場のトレンドは少し弱いです。日足チャートみれば同じ結論が出ます。強いトレンドにはトレンドが進むとともに一日あたりの成約数(ボリューム)が徐々に増えるはずです。ナスダックのボリュームチャートみれば、今年四月の600,000成約数からいまの300,000まで、ほぼ半分になりました。さらにロウソクたちの形はだんだん短くなりました。それも弱いトレンドの証拠の一つです。

ナスダックで短いロウソクが多いため、ここでデイトレすることオススメしません。できればスイングトレーディング(2~3週間ポシション持ち)にしたほうがいいです。もしいま長期ロングポシション持っているとしたら少し利益確定したほうがいいです。できれば新しいロングポシション立てることを避けましょう。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント