トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

日本人の考え方とFX取引:頑張っても無駄?

日本の社会では「頑張れば何でも出来る」というような教育し続けました。しかしFXマーケットではいくら頑張っても利益伸ばせないという悩みか抱えているトレーダーが多いです。

「何もしない」こともFXトレーダーの仕事の一つです

特にネット環境やタブレットなどの普及とともに、わたしたちは常に「何をしなければならない」ようになりました。常に最新情報取り入れ、常に最先端に経つように頑張っていますが。。。

しかし、FXトレーディングするとき、何もしないことはすごく大事です。たとえすれば、FX取引はバスケットボールのような競技よりも釣りに近いです。釣りするとき、大半の時間は「待つ」ことにかけています。獲物来たこと、ほんの一瞬だけで行動とります。トレーディングも同じです。デイトレーダーは数時間パソコンの前でずっとトレードチャンスを待ち続け、やっとチャンスが来るときボタン一つ押すだけです。

トレーディングというのは肉体的なスキール0%で、精神的なスキール100%課されています。ですので、自分の精神状態常に観察する必要あります。「頑張ろう」というのは素晴らしいですが、マーケットでいくらこっちが頑張ってもトレードが来ないときあります。そういったときはポソコンを閉めて一休みとったほうが一番いいです。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

FXトレーディングで損切し続けるときはどうしますか?

どんなに優れたトレーディングシステム持っていても負け続けるときがあります。ですので、スマートなトレーダーとして、連続的なロスが起きたとき一番いいのは「さらに頑張る」ではなく、一時的マーケットから身を外すことです。

「頑張ろう」というのは「何かをして今の状況を打開する」ことに指しています。しかし、負け続けるときはほとんどのトレーダーは冷静にいられなくなります。つます、周り(マーケット)のもの見えなくなります。トレーダーとして、冷静にいられないといいトレードがあっても見逃す恐れがあります。もしくは、負けトレードがあってもカバーしなかったり危険があります。典型的な例はいくつあります。

1.   最近ロスし続けました。また新しい売買シグナルが来ました。
      しかし、ちょっとリスク高そうだからそのトレードを避けました。結果として、そのトレードはホームランでした。

2.   最近ロスし続けました。現在ポフォーリオに一つの負けポシションありますが、今それをカバーしたら今月のリターンがかなり低くなります。
      だから、もうしばらく様子を見て、マーケットがUターンすることを祈っています。結果として、マージンコールで大損とりました。

こういった状況はプロでもルッキーでも頻繁にあります。大事なのは自分のメンタリティーを認識し、最適な状態でなければしばらく取引休むことです。いくら頑張ってもマーケットは影響されません。必死にリターン伸ばそうより、冷静に目の前のことを観察した方がいいです。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

日本人のFXトレーダーについて
100人の日本人FXトレーダーにインタビューし、実際の日本のFX事情を調べました。

FXトレーディング上達なるためには
FX取引には特別なスキールセットが必要です。他の職業と違って、自分の意志ですべてを決めなければなりません。
ですので、初心者にとって少しオーバーかもしれません。

FX取引経験者へのヒント
FXトレーダーとして経験を積んだら、下記のシンプルかつ重要なヒントを活用して次のレベルに進みましょう。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント