トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FX取引における主要プレーヤー

以下に、FX取引に常に参加している主要プレーヤーをいくつか挙げています。オンライン取引プラットフォームには個人も参加できるようになりました。

オンライン取引プラットフォームの出現により、FX取引は個人トレーダーの間で人気を得るに至りました。オンラインFX取引は中央銀行や投資会社、民間銀行、果ては国家の外為計画に重要な影響を及ぼすようになりました。FX取引への活発な参加者を分類します。分類された参加者の違いは、技術的なレベル、資金運用技術、統制調査能力のレベルといった高度化・資本化の程度にあります。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

民間銀行

銀行はFX相場の大手プレーヤーで、規模は個人トレーダーと比べて大きいものの、関心の対象は類似しています。民間銀行も個人トレーダーも同様に、FX取引から収益を得ようとしているのです。

中央銀行

市場経済を持つ先進国の殆どは、自国の通貨システムの統制をとるために中央銀行を設立しました。中央銀行の役割は、国によって大きく異なるものの、主要な責務は民間銀行のように収益を上げることではなく、政府の金融政策を執行することにあります。更に、中央銀行はその国の通貨価値の変動の安定化を図ります。

ヘッジファンド

近年FX取引が盛んになり、個人トレーダーが増加したことで、よりヘッジファンドのような高リスクの投資の人気も高まってきました。ヘッジファンドは国内外の資産運用会社によって管理されており、通常、そういった会社の投資プールは非常に大きいため、数百万単位の通貨が扱われています。


キャッシュバック実施中DynamicTrade


民間企業・会社

民間企業・会社も、FX相場へ活発に参加しています。小規模輸出入業者から数十億ドル規模の大企業まで、様々な形態のものがあります。これらの企業が相場に参加する理由は、国際的に製品を売買する事業に関わっているという事業の性質にあります。

オンライン小売ブローカーおよびトレーダー

個人トレーダーは、自動ブローカーまたは対人FXブローカーを介して取引注文を行う必要があります。一定の通貨を別の通貨に交換して収益をあげるには、オンライン取引プラットフォームを使用する必要があります。個人トレーダーは銀行間相場で利用できる価格にはアクセスできません。数百万ドルの資金を動かせるヘッジファンド管理者でなければ、大きな銀行と取引することはできません。FX取引に参加するには、小売ブローカーを採用する必要があります。ブローカーは比較的少額の通貨で取引ができるような取引プラットフォームを提供します。

関連記事

FX市場スケジュール
FX市場は24時間取引可能で毎日の取引高は1.5兆ドルにのぼります。FX市場は世界の金融市場の中で最も大きく流動性が高いマーケットです。

FXマーケットの取引時間
FXマーケットは1日中24時間、週5日取引することができ、その取引高は毎日4兆ドルにものぼります。

オンラインFX取引のメリット
世界で最大かつ最も流動性の高い金融市場であるFX市場におけるトレードには様々なメリットがあります。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント