トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

株取引のメリット

株マーケットには大きなポテンシャルあります。しかしこれまでFXや先物しかトレードしたことがなければいきなり株の取引始めるのはちょっと難しいと思います。ここで株のメリットとそのやりかたについて見てみましょう。

株式市場は他の市場よりも安定しています

FXマーケットや先物マーケットなどは短時間で大きな変化起きてもおかしくないです。しかし株マーケットはこれらのマーケットと比べたら穏やかなトレンドにいる確率が高いです。

もちろんどのマーケットに投資するか、そしてどのぐらいのレバレッジ使うかすべてトレーダーや投資家の投資目的次第です。株式市場は個人のデイトレーダーよりも長期投資家に向いていると思います。先ほどあげた理由のように、株式市場に使えるレバレッジも制限されているから、一つの株の値段が短時間で大きな変化起こる可能性が極めて低いです。例外は取締役の記者会見や事故などが起こったときです。

ですので、たとえ今FXマーケットだけに集中してトレードしているトレーダーでもサイドアカウントとして株式市場で長期投資してもいいと思います。トレーダーとしていかに「ランダム」な環境、つまりマーケット、から安定している収入もらえるか考える必要があります。その方法の一つとして、「マルチストリーム」の収入源です。簡単に言えば関連性が低い多数の収入源のことです。FXマーケットばかりにトレードしていると、そのマーケットに何か起きれば自分の収入にもかなりの影響及ぼします。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

平均株価市場はトレンドトレーダーに向いています

トレンドをフォローしてトレードしているトレーダーたちにとって最も大変なのはマーケットが横向き状態に入ったときです。マーケットが横向きに入ったとき、トレンドフォローのシステムはよく「フェーク」な売買シグナル出すからです。一般的に言えばFXマーケットには20%ぐらいの確率でトレンド状態に入りますが、平均株価市場の場合25〜35%ぐらいの確率でトレンドに入ります。そしてよく観察してみれば(特に2003〜2007年のデータ)、平均株価市場がトレンド状態に入ってからあんまりプールバックがありません。もし最初の段階でそのトレンド乗れたとしたらスムーズにトレンドの最後までに乗れたでしょう。

簡単に言えば一つのトレンドに三つのステージがあります:ブレークアウット>プールバック>トレンドです。しかし平均株価や単体の株の場合、プールバックの幅は他のマーケットよりも小さいです。フィボナッチで言えば大体10〜15%です。その原因は大きなファンドのマネージャーにあります。ファンドのマネージャーとしていつ買いポシション削るかプールバックのパーセンテージによって決められています。例えばもしS&P500が20%以上にプールバックしたら現在所有している買いポシションを削りし始めます。目安として、多くのファンドには15〜25%のレバルを使っています。しかし平均株価市場は滅多に20%以上にプールバックしないから、もちろん大きなトレーダー(ファンドマネージャーたち)も買いポシションカバーしません。

ですので、トレンドフォローの戦略使っているとしたら、株式市場にはいいトレードチャンスもあるし、貴重な勉強機会にもなります。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

オンライン商品取引ガイド
初期的な商品取引は数千年前から存在していましたが、
現在では商品は完全にオンラインで取引することが可能です。

世界で最も取引が盛んなコモディティーのトップ10
コモディティー市場では世界中の人々が日々、通貨や現産物といったコモディティーをトレードし、
収益のチャンスをうかがっています。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント