トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

天然ガス先物市場でテクニカル分析の勉強 - 29.07.2014

一般的には先物やFXマーケットは20%の確率でトレンド状態に入ります。天然ガス先物の場合、それは40%以上あるでしょう。

天然ガス先物は多分数多くの先物なかにもっともトレンドしているものでしょう。

天然ガス先物月間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

まず天然ガス先物市場の月間ロウソク足チャートから見てみましょう。

簡単に言えば、平たい天井は良くない天井で、ピラミッド型の天井は良い天井です。良い天井というのは、マーケットが再びそのレベルにたどり着く確率が低いものとして、よくリバースのサインとして使われています。良い天井があればいつロングからショートへ、もしくショートからロングへ切り替えるかどうかわかります。

天然ガス先物の長期チャートみれば、マーケットが2012年の上旬からずっと上昇トレンドにあることがわかります。そして、今年3月に大きな陰線がありました。天井をみるとき、こういった長いヒゲがついているもののほうが良い天井です。その反対、短い陰線は弱い天井という意味で読んでもいいでしょう。そして、天然ガスの場合、マーケットは2度と同じ高値に訪れることがなかったです。それも良い天井の証拠です。

先物市場のギャップは頼りになるフォーメーションです。

天然ガス先物の週間ロウソクチャートに移りましょう。

天然ガス先物週間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

短期チャートに移ればまた違う情報が得られます。週間チャートみれば、5.250にギャップがあることがわかります。FXマーケットには24時間取引可能のため、ギャップの数は少ないですが、先物の場合中央取引所があるため、ギャップ生じる可能性は高いです。そして、ギャップはすごく頼りになるサポートとレシスタンスです。ここの5.250のギャップはレシスタンスとして使えます。もしマーケットが再び5.250の近くに戻ったら、それはいいショートのチャンスでしょう。ストップロスをギャップ埋めるところにセット出来るため、リスクを最小限に抑えられます。よくみてみれば、マーケットは今年5月頃に2回そのギャップ埋めようとしましたが2回ともできませんでした。

長い下ヒゲ、大きな陰線、ピラミッド型の天井、そして最後にギャップ、天然ガス先物市場には数多く「良い天井」のフォーメーションがありました。平均株価やFXマーケットの場合、天井ガスよりリクイディディ(成約数)高いため、より穏やかなフォーメーション期待できますが、天井ガスのチャートからそれらのリバースのサインを勉強することができます。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント