トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

日経225デイトレガイド - 17.07.2017

特にユーロドルと円ドルとアメリカ平均株価市場の推移はよく日経225市場に影響与えます。そのため日経をトレードするときそれらのマーケットを分析する必要もあります。

日経225の展開はほかのマーケットの推移に影響されます。

基本的に世界中の平均株価市場は上がりトレンドで、ユーロドルなどメジャーなFXペアは最近値上がりしていますが、それぞれ肝心なレシスタンスにたどり着きましたようです。リバースするか、それともそのまま上がりトレンドに戻るか、はっきり予想できませんが、確率でトレーディングプラン立てるしかありません。今にの状況からみると、S&P500やユーロドルなどの市場がこのままフラット状態でいる確率は高いです。もしそうであれば日経225もこのまま16,000台に動く確率が高いです。

まず、日経225市場の週間ロウソク足チャートから見てみましょう。

日経225週間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

16,315台の高値はレシスタンスレベルです。しかし16,315台は「良い」天井ではありません。なぜかというと、そのロウソクの形があんまりにも短いからです。日経のような大きな上昇トレンドはこういった短いロウソクで終わる可能性hpが低いでしょう。さらに、16,315からリバースしたあとにマーケットは下がりトレンドに入らなかったです。逆に、14,000台のサポートレベルにたどり着き、再び上がりトレンドに入りました。これらの情報をまとめてみると、日経が16,315に訪れる可能性が極めて高いです。ですので、16,315台はいいショットのロケーションではありません。

日経225マーケットのセンチメントは上がりです。

次は日経225の日足ロウソクチャートに移りましょう。

日経225日足ロウソクチャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

先ほどの週間チャートから見られないセンチメントは日足チャートに移ると明らかになります。よく日経225の日足チャートをみると、陽線の数は陰線より多いことがわかりました。そして、多くの陽線に長い下ヒゲが付いています。それはこのマーケットにまだまだロングがいるということを表しています。

恐らく最近16,315からのリバースはロングたちが利益を確率しただけです。新しいショットがこのマーケットに参加したわけではありません。そのため、マーケットは簡単に14,000のサポートを突破できませんでした。

長期投資家としてショットするのはまだまだ早いと思います。長期ロングはちょっとリスクが高めのためいつもより小さめなロットでトレードするか、もしくはオプション市場でコールでトレードしましょう。短期トレーダーたちは長期投資家より柔軟的に対応できますが、できれば良いロケーションでトレードしましょう、先ほど紹介したサポートとレシスタンスレベルはよいロケーションです。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント